FC2ブログ

皇室画像掲示板まとめサイト

皇室全般加工画像掲示板やニュースに流れる動画等の加工程度を検証し、泥沼の中から真実を見つけ出すサイト

墓穴を掘ったでれでれ草:なりすましエセ愛国ブロガーと本物の愛国ブロガーの見分け方

●なりすましエセ愛国ブロガーと本物の愛国ブロガーの見分け方●「墓穴を掘る人=でれでれ草」からわかったこと
​1.なりすましエセブロガーは、汚いことばで相手ブロガーを罵って、相手の罵りことばを誘い、相手も同じ底辺レベルの土俵に立たせようとする。
同じ土俵に立って罵りあえば、炎上して工作員たちの思うツボ。炎上を誘い、それを大衆コントロールに成功したと喜ぶのはかの国工作員だけです。

同じように罵り合っていたブログはお仲間ブログと見ていいでしょう。理由はどちらも炎上させて大衆の感情コントロールを狙っている。

今までに中傷されてきた愛国ブログで、同じように罵倒しなかったブロガーは本当の愛国ブログでしょう。理由は、炎上させたい愛国個人ブロガーなんていません。

でれでれ草ブログという罠は、たくさん出てくるであろう愛国ブログを潰し、新たな愛国ブログを作らせないために、作られたブログ​だったのだと思います。工作員たちは、それがお仕事で、役割分担もしっかり確立しています。
連中はとにかく毎日更新することで、読者をブログ依存/妄信する信者に仕立てていきます​からご用心​
毎朝配達され毎日読む新聞はウソを書かないと思いこんでいた時代の昔の新聞と同じです

一般の日本人は、仕事でもないブログに時間をかけてはいられませんから内容にしても数にしても太刀打ちできません。
ブログとは一個人の意見だと一般に思われますが、組織工作員たちにとっては十分に大衆洗脳に使えるツールだった(過去形)ということでしょう。

2.工作員を見分ける一番の方法は、共通ワードなどではありません。日本語で使ってよいことばと使って悪いことばがあるわけではありません。
ことば狩り」をしているのは確実にかの国工作員です。​​​​特定のことばを使わせないように仕向けることは、そのことばについて思考停止させるということです。ネットで最初に出てきた禁止ワードが「朝鮮人」でした。日本人になりすましている朝鮮人について考えさせないためです。「日本人」と言われて怒る人はいませんが、なぜか「朝鮮人」というと怒る人たちが存在しているのです。理由は自分たちのやってきたことを一番よく知っているからでしょう。

でれでれ草のようにふつうの日本人なら憚るような汚い罵りことばを平気で使う人というのは、どういう人でしょうか。罵りことばが世界一多いのはかの国なのだそうです。​

ことばは、その国の大切な文化であり、ことばを通して思考が進んでいきます。「思いやり」や「もったいない」などのことばは日本にしかないことばです。​
「朝鮮人」という侮辱でもなんでもないことばを使ってはダメというような「ことば狩り」は、つまるところ思考停止が目的で日本文化の破壊を目指している連中の罠なのです。
​​

日本人と、かの国工作員との一番わかりやすい違いとは、「モラルの有無であり、良心のありか」です。いくら人をストーカーしても彼らには永遠に理解できないことでしょう。​​​

3.工作組織はピラミッド型のようです。つまり、情報共有の概念はなく、必要なことしか下には伝えられないしくみ。ネット工作員や実働部隊は、ピラミッドの最下層にいるコマとして扱われ、そこへ直接指示やネタ投下する人たちもほぼ同じ下層域。言われたことをそれなりに時間をかけてやるのがお仕事なので、必要以外の情報は与えられず、判断力は低い人たちです。
決まったジャンルの情報しかなく(皇室と歴史だけ、政治と占いだけ~とか)、情報量の割りに見識が狭く、判断力が低ければ、そういう役目の人だとわかります。

一般人のブログはジャンル定まらず、身の回りの幅広い分野に言及しているのが特徴です。ふつうに生活していればそうなります。ジャンルがきっちり定まっているのは、お仕事でブロガーをやっている人たちでしょう。



*********************************

​​​​​​​のんびり某ブログを見ていたら、いきなりこちらのブログ名クリスタル・ピープル。がでてきてビックリ!それがなんと
​​

​​「拙ブログのバナーや画像を貼りまくっている「クリスタルピープル」というブログとも無関係です。 」とあり、目を疑いました。​​
​確かに無関係な人ですけどね。

半年~1年位、ほぼ放置状態のブログですよ。驚きます。よほど連中にとって知られたくなかった重要な情報がうちのブログだけに入っていて、あのブログ潰さないと、、、ということになったんじゃないでしょうか。

今年はほとんど彼らのブログを見に行っていませんでしたが、去年(2017年)6,7月頃、何回か見に行ったときは、それこそバーゲンセールのように​、「転載ご自由に(byでれでれ草)」、「無限拡散(by伏見氏)」の文字が踊っていました。
結局、アクセス数稼ぎに手段を選ばない人たちだったんでしょうね。今回も炎上-アクセス稼ぎ-愛国ブログ潰し目的かもしれませんけど、もうムリでしょう。。ブログ炎上を喜ぶのはかの国工作員しかいませんから。
​​イザーグループvsでれでれ草グループの争いで、でれでれ草&伏見氏はその異常な粘着性とドロドロ感が気持ち悪いブログになり、あれからほとんど見に行かなくなりましたヨ。粘着質で視野が狭く、この2人はまるで親子のように気質がそっくり。。。
久しぶりに見に行った感想としては、コメント欄が協力工作員ぽいのが増え、一般コメントが激減していましたから、過疎ってきた感はありましたね。​​
​​​​​​​

​バナーは連絡なしでご自由にどうぞ。とありましたので、その方のブログへのリンク付きで貼っていたHPもありましたが、すぐにバナーはリンクともども削除しました。
ブログを紹介してあげてる人にケチをつけてくるとは、恩を仇で返すというかの国の特性が丸出しです。日本人ならそんなことできないでしょ。

​画像はほとんど某画像掲示板か動画サイトからもってきて比較&自分なりの分析をしています。私のオリジナル分析が真実に迫り、でれでれ草の洗脳意図方向と大幅に違って焦っているのかもしれません。​
​画像は一部あったかもしれませんが、「遠慮なく拡散してください」との説明がありましたのでこちらはむしろ協力しているつもりでしたが。​
​​逆にうちの画像をそこで使ってるのを見ましたが、お仲間だろうと思っていたので、役に立ててよかった、位にしか思っていませんでした。
一度でも相手の画像を使用しておいてこちらに「盗人」などとはふつうの神経では言えない​と思います。もしかしたらでれでれ草コメント担当者が入れ替わった可能性もあります。とりあえず僅かでも可能性がありそうな画像はすべて削除しました。

でれでれ草へコメントいれましたが都合の悪いことはほおかむりされている内容:
「画像ですが、ほとんどは皇室画像掲示板かyoutubeからとってきていましたが、でれさんのところのものもあったかもしれませんので、そのページを言っていただければ、削除しますので教えてください。パクっているというページと元のページを教えてください。」

​​人のことを泥棒呼ばわりしてその根拠を何も示さず、万一あれば対応しようとしていることを無視して、頑なに自分の思いこみにしがみついておられます。

それともyoutubeや掲示板も含めて皇室画像はすべてでれでれ草のものだといいたいのでしょうか???公共の場での皇族には肖像権がありません。しかも他人の撮影した画像を自分の版権のように思っているとすれば、それはもはや日本人の発想ではありません

そして、非常に矛盾してる人だと思いました。複数の人が一人になりすますと矛盾が出てきます。
今回、人としてあまりに稚拙な反応から、ふだんのブログは別人が書いたものなのでは?と思えました。


​​「伏見氏の大相撲ネタも、記載元を転載せずに、勝手にパクっているそうですね。」とも書かれました。​​
パクるとは、著作権のあるものをコピペしたりそのままの表現をもってくることであり、自分のことばや文章で書いてあれば内容が似ていてもパクるとはいえないそうです。個人ブログなどの同じテーマであれば似ている部分があっても仕方ないでしょう。​​粗探しをしたい人にとっては、関連する2,3行でも近い内容だと大騒ぎのようです。

どうやらご本人はうちのブログをほとんど読まないまま、意図的にクレームをつけているようです。
ついでにいろんな人or工作員のやっていることも全部こちらへ押し付けたいようです。でれでれ草自身が、証拠がなければ何を言っても何をやってもかまわないと思っている連中のお仲間だからこそできる無茶振りです。
その方の怒り部分を読むとどうやら私が使いそうな以前のハンドルネームを使って悪意コメントを入れていた工作員がいたようです。こちらのことを突然のタイミングででてきたとでれでれ草は言っていますが、こちらはでれでれ草より遥かに長く2005年からブログをやっています。

愛国者ブログをひとつひとつ潰していく組織があるらしいです。​

​​イザーグループはでれでれ草の攻撃的性格を利用し、でれでれ草にはその賛同者ブログを潰す役割を与えればよいと考えたのだと思われます。

シンプルに考えて、そのブログの賛同者は拡散/拡大する方向へ向かうでしょうし、妨害者はもっともらしい理由づけをしてブログを縮小/消滅させる方向へ向かいます。
​​
*****別の見方もアリ*****************

​でれでれ草はもとから某組織の人間でそこから出してよい情報だけを書いていて少しずつ恣意的な方向を狙っているブログなのかもしれません。
BBブログとか一発であやしいブログだとわかるのにそれを長らくお薦めブックマークしていた人ですしね。。
いずれ誰かが始めるであろうことを予測して、先にやったもの勝ち精神で、有利な立ち位置を手に入れるということは組織的なネット工作員のやってきたことです。

​​​​​​​​今回のことで感じたのは、多段ロケットだったのじゃないか、ということです。
​​​1段目の切り離しロケットがZ系グループのイザーたち、2段目切り離しロケットがB系でれでれ草グループ。​下っ端の本人たちは知らされてないけれど、その上の上の~司令塔は同じではないのかな、と。​​司令塔にしてみればどちらも使い捨てのコマであり多くの日本人を巻き込めればいいので、時により2段目グループがイザーたちにコントロールされているのかもしれません。​

今回、​あのデタラメな攻撃ページを見る限り、この人日本人じゃないのかも、、、と思わせるものがありました。あんなデタラメを書ける人のブログなど、もう読む意味もなくなります。​
ウソや思い込みに凝り固まった気持ち悪い人間のエネルギーにかすってしまったので、しっかり御祓いをしてから、HNを以前のパワフルなワンダーユッキーに戻してから、「やまとごころ」へ変更しました。

そういえば、2005年~2018年10月までの13年間の日記数が1337件、そのうち皇室関連はたった60件です。5%以下しかないジャンルの日記に文句があるからと、ブログごと削除申請するとでれでれ草は言っていますが、実際は画像がどうのというよりうちのブログを消したいというのがホンネのようです。
パクりにもならないこじつけなどもやっておいでですが、実はたまたま私のアップしている画像の中に連中の出したくない画像がビンゴで出てしまったのではないかな~とも思っています。

​​どのページが問題なのか、あれば削除するので言って欲しいと言っていますが、それに関しては何も言ってきません。結局、実際は言えるほどのものは何もないということなのでしょう。目的は他人のブログを貶めることだったようです。​​

愛国ブログを潰すということなどに労力を使うのは、アッチ系工作員しかいないような気がします。

​​​​​​​ふつうの日本人はそんなネガティブなことにわざわざエネルギーを使わないでしょう。


日本は今情報戦争中だと言われています。
第一段階・工作員を中枢に送り込む
第二段階・宣伝工作、操作
第三段階・教育による国家意識の破壊
第四段階・抵抗意識を徐々に破壊、「平和」を願う者等を取り込み利用する
第五段階・メディアを利用し情報操作・攪乱し「自分で考える力」を奪って行く
​最終段階・無抵抗で腑抜けになった所を乗っ取る

これを参考にしてネット工作員の動きを分析すると、
第一段階・わかりやすいエセ愛国者Zグループとわかりにくいエセ愛国者Bグループを設定する。。←ただのエセ愛国者ならすぐに見破られてしまうため、二段階必要と判断したもよう。
第二段階わかりにくいエセ愛国者Bとわかりやすいエセ愛国者Zを戦わせ炎上させ、そのイベントで双方のアクセス数なり信者なりを増やす。​
第三段階わかりにくいエセ愛国者ブログB、「転載ご自由に(でれでれ草)」「無限拡散(伏見氏)を大々的に表示して、まず他の個人ブログで拡散宣伝させる。
いつのまにか、そのキーワードは消えており、以前のブログはそのままであることを利用し、それを理由に盗人扱いし、日本人の愛国ブログ潰しに使う。←いまココ。
第四段階・日本人愛国ブログが激減し、わかりにくいエセ愛国者B​​​​​​​​​​​​​​グループのブログばかりにして、愛国者の意識の流れを誤誘導していきたいようだけど何度も同じ手は通用しないと思うわ~。

+なぜか歴史を書きたがる人にB系が多いのは出自に関係してそう。一般の日本人とは違う情報ルートで、違う情報の世界に生きてきた人たち。
怒った時に、底が浅くハチャメチャなのはZ系かな、思いこみの強い怨念系がB系?
BZといっても頑張ってくれてる人もいるでしょうから、私はその言動で判断します。特に相手が感情的になったときに素が出るので、その人の本質を知るチャンスです。

結論として、
「拙ブログのバナーや画像を貼りまくっている」とか「パクっている」と他人のブログを侮辱/中傷するのであれば、少なくとも、「双方の該当ページを指摘してから、その画像なり文言なりを削除してください。」というのが筋ではないでしょうか。
しかしそれは全く示さず​、ただ「ブログ自体を削除しろ」とは、かの国工作員のやってきたことそのままです。

どこかから情報を得て、ブログでりっぱな文章を書き日本人になりすますことは簡単でしょう。しかしどんなに取り繕っても、実際何か起こったときのその人の言動やそこから見えてくる精神状態でお里が知れてしまうものです。​

情報をたくさん持っている人が愛国者というわけではありませんね。その情報源はどこなのかじっくり考えてみましょう。
そして、実のところ、どういう方向を目指しているのか、見極める必要があります。



スポンサーサイト



  1. 2018/10/24(水) 18:31:11|
  2. 皇族になりすます人々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0