New!皇室画像掲示板

主に秋篠宮家を中心に、画像検証と保管庫。

韓牛の売り込み攻勢

22.jpg
韓牛の売り込み攻勢

和牛ブランドを失墜させて、韓牛を売り込もうとしてるらしい

>今回の口蹄疫問題、どうもK国が絡んでるみたいなんだよな

和牛ブランドを失墜させて、韓牛を売り込もうとしてるらしい。

その韓牛も従来の韓牛ではなく、盗んだ和牛のDNAを使ったもの

K国の畜産関係者団体が和牛の起源をK国にあると主張する準備を進めてるらしいし


>ゲノム解析の可能な時代に、仮に紛失したDNAを使って生み出した牛を売り込めば、
とう思われるか分かりそうなものを・・・。


>どうせアレじゃない? 頭悪そうなタレントが『あまーい』だの『おいしー』だの『とろけるー』だの言って煽る図が、もう目に浮かぶようなんだけど。


>さすがに畜産関係者は怒り心頭でしょう。その場合は、薄々ながら事情を知っているわけだから。

イチゴの時みたいに、泣き寝入りするかな。

韓国は盗んだ苗で、しれーーっと“韓国ブランド”としてイチゴを売ってるね。



>うん、某TV局の夕方にやってるグルメとか激安が大好きな頭の悪いニュース番組が韓牛を取り上げる方向で企画を進めてるよ

どうせまた白いゴリラが「和牛と比べて遜色ないですね」とか言うんだよ。


2010/01/11 感染源の韓国農場の大規模出荷がばれる 米農務省「ニダーの口蹄疫清浄国認定を無期延期にするわww」 だし、どこへ行ったんでしょうね。その病気のお肉は・・・?

韓国ロッテリアなどで大腸菌検出

排水溝や下水溝の油から作った食用油を食べる国 信じられないことが着々と日本へ近づいている


人気ブログランキングへ



複数の県で疑わしい症例の牛・豚等が出ているとか


>私、嫌な話を聞いちゃってさ… かなり暗くなってるんですけどね。

某所で現在確認中ながら、複数の県で疑わしい症例の牛・豚等が出ているとか。

おまけに、政府の対策室は宮崎だけの問題にしたがってるから、対策が恐らく後手になるだろうとか。

もうね…


>それ、イヤな話じゃない。マジで恐い話だ。


>熊本鹿児島ととんで岩手あたりかしら。方向性で出るとしたらそのあたりやね。


>宮崎への船舶の出入りってのに、誰も注意してないですしねぇ…

電突した限りでは、正直、収束する気配がまだ見えないとの事で。

民主党には、電話ガチャ切りされましたけどね。


>ああ、じゃあ大阪も。確かカーフェリーあったよね。


>あえて、確定とは書きません。疑いが、杞憂であって欲しいと心底願っているので。

ただ、電話とメールで何カ所かに確認して、裏はとってるつもり。

民主党の対応には、何処も不満がある様子。


>日本の畜産終了フラグ…?



共同通信の変り身の早さ

5/18共同通信  http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051801000155.html
宮崎県で4月23日に口蹄疫の感染疑いが確認された水牛について、県の家畜保健衛生所が、最初の感染疑い例が確認される約3週間前の3月末に農場に立ち入り検査をしたのに、
典型的な症状がないため 口蹄疫の可能性を疑わず、結果的に感染を見逃していたことが18日、分かった。

4/23共同通信  http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042301001118.html
県によると、都農町の農家では3月31日、水牛3頭に下痢の症状があり、鼻の粘膜液を採取。
1例目の農家とえさの一部が共通していたため、23日に 動物衛生研究所海外病研究施設(東京都小平市)で遺伝子検査を行い、陽性と判明した



日本の左巻きとは

「自分のコミュニティーに愛着を持つことが戦争の原因」と真面目に考えてるアホですお

つまり総売国奴

日本に愛着を持つことは罪なのです。

「戦争は外交の一面」という当然の事がわからぬ可愛そうな人達です

GHQに一番洗脳された方々ですな



日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

●このブログはコピペ・拡散推奨・リンクフリーです

愛国女性つどい・花時計

そよ風

SNS my 日本 日本に誇りを持つ仲間たちのネットワーク

草莽全国地方議員の会

在特会(在日特権を許さない会)

まずは国民一人一人の意識改革、周知行動から。
チラシ集積サイト:http://chirasihokanko.makibisi.net/
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/06/14(月) 16:54:32|
  2. 山田口蹄疫(赤松口蹄疫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<また韓国か・次は鶏インフルエンザ | ホーム | カストロに嫌われた「赤い貴族」の赤松>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/33-f719ecbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)