上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
img.jpg越前谷知子

↑中川昭一氏を嵌めてアメリカへ逃亡 
奥様方!!あの越前谷がアメリカに逃げたそうよっ!!
この女だきゃあ、絶対許さん!!!
【回覧】読売新聞経済部 越前谷知子。中川昭一に前夜大量の酒といっしょに薬を入れて呑ませ「会見は面白い事になるわよ。」愛国政治家をはめて酩酊会見を演出した女。顔写真→http://twitpic.com/33adee が回ってきました。首謀者はしーあいえーで彼女に命令したのは財務省の玉木林太郎ということです。日本のお土を二度と踏むなよ!

中国から恐怖の大王が降る

近年、タバコを吸わない人の肺ガン死が急増しています。

その原因としてメインにあげられているものが、お隣中国の迷惑公害です。

大昔は光化学スモッグ警報がよく発令されましたが、いまは中国が原因になって酷いことになっています。
これは国際的な問題なんですが、民主党や政府はどういう対応するのでしょうか。

西日本の「もや」は中国南部から排出された有害微粒子が原因、と国立環境研究所 [02/10]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110210/t10013984971000....

2月初旬に九州から近畿で観測された視程低下(もやの発生)について
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2011/20110210/20110210.html

■西日本のもやは、中国からの有害な微粒子

今月初旬に九州から近畿にかけての広い範囲で、もやが観測され、中国の工場などから排出された有害な微粒子が原因とみられることが分かりました。調査した国立環境研究所は、ぜんそくなどの症状が悪化するおそれもあるとして、注意を呼びかけています。国立環境研究所によりますと、今月1日から9日にかけて、九州をはじめ中国・四国・近畿にかけた西日本の広い範囲で上空にもやがかかり、見通しが悪くなる状態が続きました。

国立環境研究所で大気中の汚染物質を調べたところ、もやの原因は硫酸塩を含む有害な微粒子で、中国南部の工場や発電所から排出されたものが飛来したとみられるということです。
こうした現象は、例年は3月ごろに見られるということですが、ことしは今月初旬に冬型の気圧配置が緩んだことが影響し、粒子が例年より早く西風に乗って大陸から飛来した可能性があるということです。

西日本のもやは、九州の南部など一部を除いて今は収まっているということですが、今後、再び発生する可能性があるということです。国立環境研究所は「有害な粒子が体内に取り込まれれば、ぜんそくなどが悪化するおそれもあり、呼吸器の疾患を持つ人はできるだけ外出を控えたほうがいい」と呼びかけています。

>日本は中国に資金や技術を提供し、それで成長した中国は日本に有害物質や犯罪者を提供する。

日本がやってきたことは、バカみたいですね。誰も責任とらないどころか、責任の所在も追求されない。

>黄砂もそうですけど、シナ人は他人に迷惑かけても、全く平気な国民性ですからね。自分さえよければ、それでよい。モラルのないシナ人なら無問題で済ましますよ、きっと。毒餃子事件もそうですしね。

>黄砂対策に鳩山政権時1兆7千億円無償提供したように、これも民主党が日本人の血税をプレゼントすると思います。

日本の金と技術は中国へ、と鳩山政権時に約束していますので、監視していないとどんどん国益を損なう事を民主党がやっていくでしょう。

>そういうえば、あの対策費って、もうすでにシナに贈答したのですか。さすが売国だけは早いなあ
こんな大金を日本のために使わず、シナさまにくれてやるのか。

これじゃあ、いくら予算があっても足りませんね。自民党は今年度の予算関連法案を通さずに、ごねまくって欲しいですね。

>中国の大気汚染が日本を襲う?! http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/interview/43/

中国では大気汚染によって年間40万人が命を落としている――そんなショッキングなニュースが流れたのは昨年初冬のことだ。
この数字は中国の全人口の0.4%に当たり、日本における自動車乗車中の自動車事故死亡率とほぼ同率である。

>数年前から時々喘息に似た症状が出るのはもしかしてこれの所為なのでは…

>シナからの公害粒子の中には、一度肺に入ったら、体外へ排出されることなく一生蓄積され続けてゆく性質のものがかなりあるといいます。

>日本にまで迷惑をかけるのは言語道断ですね。本来、賠償請求していいはずですよ。



■人ごとではない「猛毒」農薬の中国産野菜140トン、ロシア税関で摘発 http://www.epochtimes.jp/jp/2011/02/html/d34915.html
--------------------------------------------------------------------------------
 【大紀元日本2月4日】ロシア北東部最大の港・マガダン港で2日、ロシア国内に入荷する予定の中国産野菜140トンから猛毒の残留農薬が検出された。検疫責任者は、これらの野菜が「市場に入ったら恐ろしいことになる」とコメントしている。3日付のラジオ自由アジア(RFA)が伝えた。

 地元報道によると、2日にマガダン港に入港した中国の商船から摘発された140トンの野菜には、ジャガイモや人参、白菜などが含まれる。検疫責任者の話によれば、140トンの野菜から安全基準値をはるかに超える残留農薬が港で検出されたため、緊急にモスクワの検疫部門にも検疫の協力依頼をしたところ、同じ検査結果が出たという。「これらの野菜には猛毒があり、市場に出回り、食卓に出されたら、恐ろしいことになってしまう」と同責任者は話している。

 ロシアの国内テレビでは「中国人が有毒野菜をロシア人に食させ、害を与える」という激しいタイトルでこのニュースを報じている。「中国の輸出商がロシアの食品基準を知らない訳はない。にもかかわらず、彼らはこれほど大量の有毒食品をロシア人に送り込もうとしている」と、同報道は中国の輸出商を痛烈に批判した。

 一方、RFAは、中国は必ずしもロシア向けに有毒野菜を選んで輸出したとは限らず「中国人自身も毎日有毒食品を口にしている」という一部メディアの指摘に言及し、「中国の野菜や果物には、ロシアで禁止されている猛毒農薬や化学製剤が使われているため、ほぼすべての野菜や果物の残留農薬が安全基準を超えており、人体に有害だ」と分析する。

 なお、現在この140トンの「猛毒」野菜はマガダン港に差し押さえられており、現地処分するか、中国に送り返すかを当局は検討中だという。



■物乞いの子ども救出 中国社会学者、ミニブログ開設 誘拐児童の発見へ  http://www.epochtimes.jp/jp/2011/02/html/d45457.html

--------------------------------------------------------------------------------
 【大紀元日本2月4日】中国当局の統計データによると、中国で物乞いをする未成年者は100~150万人に達する。そのかなりの割合は誘拐されて障害児にされた子どもである。最近、ある社会学者がこのような子どもを救出するため、大手ポータルサイト「新浪網」でミニブログを開設した。読者に対して、街角の物乞い未成年者の写真を撮影して同ミニブログに公開するよう呼びかけている。

 中国社会科学院農村発展研究所の于建・教授が1月26日に開設したこのミニブログは、読者の関心を呼んでいる。1週間も経たないうちに、街頭で撮影された物乞い未成年者の写真224人分が集まった。于教授は、すでに二人の親がブログから行方不明になったわが子の写真を発見したとの書き込みをしてきた、と国内メディアに明らかにした。

子供たちの何割かは両足が不自由な障害児になっていたという

>私がシナで直接見た物乞いは、両足が膝までしかない人たちが多かったです。赤ん坊を含めた幼児ばかり3人置き去りにしている物乞いのケースもありました。遠くで親が時々見ているのだそうです。


また、福建省龍岩市の公安当局も、公開された写真から捜査の情報を得ており、即座に立案調査するとの書き込みを行ったという。
 于教授は物乞い未成年者のデータバンクを設立しようと検討しており、支援者からの情報提供を呼びかけている。
 ほかの支援者からの証言によると、街頭で物乞いをする未成年者には、誘拐された人や、貧困家庭から借り出された人、親に遺棄された人も含まれている。

一部の誘拐犯は人々の同情心を集めるため、健常児を故意に傷つけて身体障害をもたらした上で物乞いをさせている

 法律専門家の浦志強氏は、「街頭で物乞いをする未成年者を、現地政府は保護して、生活と教育の環境を提供すべきだ」と指摘し、問題の解決に政府の介入が不可欠だと指摘した。



保守団体のリレー街宣の様子を花うさぎさんがブログにアップしてくれました■


日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ


★害国人犯罪者に気をつけましょう!★
★在日特権は暴力と脅迫と賄賂で奪い取った違法特権★
在日コリアンの来歴(強制連行の大嘘)
三国人の不法行為


●売国左翼から日本を護りましょう。このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

関連記事
スポンサーサイト
2011.02.12 Sat l 売国テロリスト政権の民主党 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/350-9d698c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。