上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
領土問題の真実 水間政憲 著

「日本国籍必要」条項を削除

「司法修習生は日本国籍必要」条項を削除 最高裁 2009年10月29日

 最高裁は11月から修習を始める司法修習生の選考要項から日本国籍を必要とする「国籍条項」を削除した。最高裁は外国籍の司法試験合格者には30年以上、特例の形で修習を認めてきたが、在日外国人や日本弁護士連合会などが「差別だ」として条項自体の削除を求めていた

 司法試験の受験資格には以前から国籍条項はない。だが合格者が実務を学ぶ司法修習では、検察庁で容疑者の取り調べをしたり、裁判所で非公開の合議に立ち会ったりする機会がある。そのため、最高裁は「公権力の行使や国家意思の形成に携わる公務員には日本国籍が必要」との内閣法制局の見解を準用。外国籍の合格者には日本国籍取得を修習生として採用する際の条件としてきた。

 しかし、76年、司法試験に合格した在日韓国人の金敬得(キム・キョンドク)さん(故人)が韓国籍のままでの採用を希望。全国的に支援が広がり、最高裁は77年に国籍条項は残したまま「相当と認めるものに限り、採用する」との方針を示し、金さんの採用を決めた。

 90年には、外国籍の希望者に提出を義務づけていた法律順守の誓約書の廃止を決めた。
さらに、永住権がない人に対しても修習を認めるなど特例扱いでこの問題に対応してきたが一方で、国籍条項はそのまま記載していた。

 最高裁によると、これまで140人以上の外国籍の合格者が司法修習を受けたという。
国家公務員である検察官と裁判官には任用されないため、外国籍の修習生は日本国籍を取得したうえで任官するか、弁護士になっている。

 司法修習生の選考を申し込む際は戸籍抄本などが必要。外国籍の場合は戸籍がないため、最高裁は、日本に定住していることを示す資料などの提出は引き続き求めるという。
要項から条項を削除した理由について最高裁は「原則として採用しないと読めるような記載は削除した」と説明している。

最高裁事務総局の任用課長として、金さんの採用問題に取り組んだ元最高裁判事の泉徳治弁護士の話自由に職業を選択し、自己実現をはかることは基本的人権の中核をなす。実質的には外国籍の人も司法修習生に採用していたとはいえ、国籍条項は外国籍の人からすれば、差別感を感じることもあっただろう。外国籍の弁護士が増えることは、外国人の権利の救済が進むことにもつながると思う。
http://www.asahi.com/national/update/1029/TKY200910280425.html


在日韓国人の「外国人参政権」を欲しがる理由

2012年在日韓国人に徴兵義務強制、拒否すれば財産没収(正式決定済み事項)すべての原因はこれだったみたい

2012年にこれが成立すれば在日は兵役こなすか、大金納めるかしかなくなる

しかもそれをしたら日本での永住資格は消えてなくなる

その前に日本を自分達のものにして法律を捻じ曲げて永住資格を無理矢理維持する必要があったんだね。それが民主ageの正体

日本国内の裁判をするのになぜ外国人がおkなんだ? これは差別以前の問題だろ

日本人としての権利が失われていくのはどうでもいいのか

2009/10/29(木) 千葉の動きが早いな

>法務省ホームページ http://www.moj.go.jp/

>これはひどい   ありえねえだろ・・・

>日本の司法は死んだ

>カルトの定義 公権力への浸透

>ひぃひぃぇぇ 千婆こえぇぇ 

世襲三世と層化がタウンミーティングのヤラセでロー制定の賛成意見を捏造する

→世襲三世と池田大作の息子の母校のローで新司法試験問題漏洩騒動を起こして日本人で真面目な法曹志望者を他分野志望に変える

6年連続法学部ローともに7%超志望者を減らしたところで民主党政権になりついに。この流ればかりは自民・公明・民主・全部共犯だからどこがとっても同じ流れだったよ

外国籍の弁護士には客観的にそれが解るようにしなければ成らないようにしろよ

外国人が弁護士になる権利以上に、国民が弁護士を自由に選ぶ権利の具体的な充実実現こそが目指されるべきで

国民が弁護士を依頼する場合、どのような弁護士なのかを事前に国民が情報収集できる公的なシステムが必要で有ると共に、
その最低限の情報の一つとして、弁護士の国籍情報の確実な提供は重要なものになるはずだ。

通名など利用させず、確実に国籍を明記させるようにしろ

>中国人と朝鮮人を除けばぜんぜんOKなんだけどね

>在日朝鮮人だけ簡単に合格するシステムもできあがってる。弁護士資格試験も日本人よりハードルは格段に低い。

>平成7年2月28日最高裁判決
「地方参政権といえども日本国民固有の権利であるからその要求は却下する
傍論
しかし憲法上許される範囲にある。立法を待つ」がくっついた。それに民団が飛びついた

それまで民団は、指紋押捺、公務員になる、国民健康保険、国民年金などあらゆる要求をし全部勝ち取ってきた

そして最後に特別永住権という未来永劫日本にいられる、自分の孫、ひ孫、三世、十世、百世まで永住権を持てるという世界に稀にみる特権を手に入れた

これ以上手に入れるものがなくなり、外国人参政権にダメもとで取り掛かった。 それを日本の裁判官(園部逸夫:朝鮮生まれ)が傍論で譲った

園部逸夫は朝日新聞のインタビューに答え
「無理やり連れてこられた在日の人たち、帰りたくても帰れない、かわいそうだから 参政権を上げるべきだ。」と言った。
「在日の人たちは昭和40年の日韓基本条約の時、自分達に永住権をよこせと言った。日本は未来永劫の永住権を持たすと少数民族問題ができてしまうと考え猛反対した。結局折り合って二世までは認めることになった。
ところが、そのとき日本政府は彼らにおもねったのか、25年後に見直しましょうと言った。
その25年後見直してしまった。彼らは25年間待っていた。

で日本人は甘いもんだから25年経ったら全員帰化してると思っていた。
しかしとんでもない話で25年経って彼らはその問題を持ち出した。
なんと結局日本政府は全部彼らのいいなりになって、十世、百世まで未来永劫 日本の永住権を与えることにした。(海部内閣

これは日本が明治以来初めて少数民族問題を国内に抱きかかえてしまう大変な事件。

これは一行も報道されていない。」

結局、彼らはグローバリズムと共生社会でアピールしてくる。耳障りのいい言葉には気をつけなければいけない。 必ず裏があるんだと思わないといけない。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4600636?from=0&length=0

>「心はシナ人」って裁判官ばかりになってるからな、既に

>つーか、裁判官も朝鮮からの帰化人がいる帰化して人間が変わるわけじゃない

>「日本に忠誠を尽くす」宣言もさせないで、書類上の帰化人ばかり増えた。

何で他国の公務員になろうと思うわけ?裁判員からも国籍条項は外されるって、ここ日本だよな?

いかれてるにもほどがある。司法に外国人が入り込んだら、連中の都合のいいように解釈かえられるだろ


俺達が知らないだけで検察や裁判官の中には帰化した偽名の奴がわんさかいるのかもね

変な判決多いし犯罪者は甘い刑ばかりだし。

>国民無関心すぎるだろ・・・

>こうやってジリジリとチョンが日本を内部から蝕んでいくんだよ

>「帰化して入り込むのが心配」というが、日本では、帰化すりゃ国会議員でも総理大臣でも なれるんだが。

スパイ防止法がないのに、帰化してすぐの元外国人が三権分立の一つに入り込めるままにしておくのは危険なことだと思う。

>過去ログだけど、【国内】永住権ない外国人初、英韓の2人が司法修習スタート[11/27]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1227798602/

この記事に出てくる東大に特別選考枠で入れた韓国人は、将来日本国籍を取得して裁判官になるのを希望してるよ。
そういう流れにもってこうとしてるのは明らかじゃん。

俺たちが差別されるじゃねーかクソども

>最高裁の裁判官になる伏線

>そうかそのうち、金とか李とか朴とかが最高裁判所に並んで、同姓の強姦放火凶悪犯を裁くわけねwwww

>韓国籍のままでの採用を希望

スパイって思われるだろ。1976年なら韓国も軍政時代だし。

実際は日本国籍のスパイもいるだろうけど

>間違いなく売国ミンスが成立させようとしている人権擁護法案の先行整備だな

人権擁護法が成立すれば人権委員は法で身分が保証されることになる

どんなことをやろうと司法も警察も自衛隊も手を出せないんだ
。それが売国ミンス政権の最終目標なんだ

このままじゃヤバいぞ。生き残りたかったら国民運動を起こしてミンス政権を倒すしかないんだ

オレたち国民の生命と日本の美しい国土を守ってくれるのは 安倍さんや麻生さんのいる自民党しかないぞ

>もともと在日も普通に司法試験を合格して修習して弁護士になってるよ

ちなみに大学の某司法試験受験団体の先輩の一人もそうだったが、不躾な人でイジメも受けたから大嫌いな人

そのうちに、「国会議員の国籍条項も削除」だな

だいたいなんで朝鮮人だけ、いつまでも通名使えてるの? 

いまだに朝鮮人の凶悪犯罪者が突出して多いから

国民主権国家において、人間のモラルを基本に、国民の現実的な公平感覚からズレることなく、采配するための存在が本来の裁判官だ。

裁判官というのは、法律で解釈しにくい部分を人智をもって、公平に、判断していくのが職務であるはずだ。

「明確なルールによる規制がない限りは何をやっても構わない」・・某弁護士

ルールのすきを突いた者が賞賛される」・・某代議士

いまや、法の穴を利用するための司法に成り下がってしまった

裁判官の資質が大きく問われるときがやってきている。


モラルのない民族が帰化して有利な試験と人脈で裁判官になれるようでは日本の司法は外国人に乗っ取られたも同然なのだ。




日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ


●売国左翼から日本を護りましょう。このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

関連記事
スポンサーサイト
2011.02.21 Mon l 売国テロリスト政権の民主党 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

なんかもう本当にクーデターでも起こらないと、日本は根本的に駄目な気がして仕方ない。
2011.02.23 Wed l 名無しさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/357-fc31813c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。