New!皇室画像掲示板

主に秋篠宮家を中心に、画像検証と保管庫。

インドで「子宮頸癌ワクチン」接種の犠牲者多数で緊急停止!

インドで「子宮頸癌ワクチン」接種の犠牲者多数で緊急停止!

日本では、だれが音頭を取っているのか知らないが(おそらくイルミナティー企業である製薬大企業と洗脳された厚生官僚や大学教授の類い?)、「子宮頸癌ワクチン」接種や「癌ワクチン」接種キャンペーンが始まっている。

「だれもが尊敬する人物(有名な学者や俳優や女優)のいうことを(ばかな)大衆は信じる」という、イルミナティーユダヤの鉄則通りの戦術である。

■インドでガーダシルの研究プログラム、死亡者が出たため緊急停止される■

”インドで行われていた子宮頸癌ワクチン、マーク(メルク)社製のガーダシルの公的医療における有用性と受容性を調べる2年間の研究プログラムで、ガーダシルを接種した120人の女子のなかから4人の死亡を含む多数に問題が生じたため、インド医療研究評議会(The Indian Council of Medical Research - ICMR)がただちにこのプログラムを停止するよう命じた。

死亡以外の健康被害は、胃障害、てんかん、頭痛や早期初経。女性の活動家たちは、これまで悪い症状が出ていない女子にも精神的な悪影響があるのではないかと恐れている。

この物質「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」の祖先は、そもそもペットを不妊にすることが目的で作られた「アジュバント-9」であったという。このペット用の「アジュバント-9(Adguvant 9)」を人間用に開発したものが「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」である。

この物質の副作用の詳細は分かっていないが、ワクチン接種した動物を永久に不妊症にすることだけは確かであるようだ。

http://quasimoto.exblog.jp/14198906/

以下は、ワクチンと関係があることが立証されている病気です。
• アレルギーとアトピー性皮膚炎
• 関節炎
• ぜんそく
• 自閉症
• 乳幼児にプロトンポンプ阻害薬(さまざまな副作用あり)の投与が必要となる胃酸の逆流
• ガン
• 糖尿病(乳幼児、児童)
• 腎臓の病気
• 流産
• さまざまな神経疾患と自己免疫疾患
• 乳幼児突然死症候群(SIDS)
• 他にも、まだまだあります。

ワクチンの「マタイ効果」:インフル・ワクチンを接種するとますますインフルエンザにかかりやすくなる
以下は、ワクチンの副作用として知られているもので、医学で立証済であり、一部は医薬品の添付文書に記載されています。
• 関節炎、出血性障害、血液凝固、心臓発作、敗血症
• 耳感染
• 失神(骨折を伴うものあり)
• 透析療法を必要とする腎機能障害
• 発作・てんかん
• じんましん、アナフィラキシー(過敏症)など重症のアレルギー反応
• 突然死
• 入院を要すると診断される多くの症状
• 米国ワクチン被害補償制度(NVICP)は、ワクチンの被害を受けた子供・成人の損害に12億ドル以上を給付しました。
ワクチン・ビジネス、「薬害訴訟」は繰り返される!:学ばぬ厚生官僚

製薬会社、保険会社、医療体制は、あなたの病気で豊かになる
• ワクチンは生涯にわたって免疫を付与するわけではないため、追加接種が推奨されています。
• 追加接種をするたびに、副作用のリスクが高くなります。
• ワクチンの副作用により、あなたは残りの人生を病気で過ごすことになりかねません。都合の良いことに、ワクチンの副作用を治療する薬が多く存在します。
• 米国では、ワクチンで何か悪いことが起きても、製薬会社や医者を訴えることはできません。いずれも「1986年・児童ワクチン被害法」で保護されています。当時のロナルド・レーガン大統領が署名・発効したこの法律では、「ワクチンのメーカーは、ワクチンに関連する傷害や死亡から発生した損害の補償を求める民事訴訟において、法的な責任を負うことはない」(一般法律99-660)と定められています。

医者など医療従事者の多くはワクチンを接種しておらず、自分の子供にもワクチンを接種していませんが、それは何故でしょうか?
• ワクチンの安全性や効果が証明されていないことを知っているからです。
• ワクチンには、危険な物質が含まれていることを知っているからです。
• ワクチンが健康上の深刻な問題をひきおこすことを知っているからです。
• ワクチンで深刻な副作用を受けた患者を治療した経験があるからです


3つのブログ:
ChemBlog-ケムログ
新型インフルエンザとケムトレイル!!
さてはてメモ帳 Imagine & Think!:豚インフルエンザワクチン注射には2つのヴァージョンがある

「豚インフルエンザワクチン注射には2つのヴァージョンがある」には、私が書いていたように、欧米ではワクチンには2つのバージョンがあることが暴露されたという。1つ目は、主要人物、富裕層、兵士などの特別階級のための、まったく無害な純然たる「ワクチン」、つまり、なんの防腐剤や免疫補助剤(アジュバント)の含まないワクチン。2つ目は、一般人用、要するに「ゴイム(家畜)」用の、何でもありの極めて有害で断種目的のワクチンである。この2種類が存在しているというのだ。今すぐ日本政府は、バクスターやノバーティスなど欧米の「ゴイム用ワクチン」の輸入を停止すべきだろう。

• 製薬会社は、医学部、医学情報誌、病院、診療所、地元の薬局など、医療体制全般に浸透し、支配力を確保しています。こうして医者は、ワクチンについていかなる疑念も抱くことなく盲信することで生計をたてています。医者は、ワクチンの被害の明確な実例を目の当たりにしていながら、その原因がワクチンだと考えようとしないのが通常です。金権腐敗していない科学・医学では、ワクチン拒否を支持していますが、それは地位も仕事も失う自殺行為であると思われています。この文書に署名した人々は、あなたと子供の安全のために、勇敢にもそのリスクを冒しているのです。
• 病院は、入院と検査で金銭的な利益を得ています。
• 製薬会社は、ワクチンで何十億ドル(何千億円)も儲けています。
• 製薬会社は、ワクチンにより発生した副作用と生涯残る病気の治療薬で、何百億ドル(何兆円)も儲けています。
• ワクチンは、医療体制の大黒柱です。ワクチンがなければ、社会全体が健康になり、医療コストは下がるでしょう。

私たちは、水疱瘡の代わりに自閉症を、インフルエンザの代わりにぜんそくを、耳感染の代わりに糖尿病を手に入れました。まだまだ他にもたくさんあります。比較的良性のそれほど種類も多くない病原菌を撲滅しようと夢中になった末に、私たちは、一過性の病気の代わりに、生涯続く病気・機能障害を手に入れてしまいました。

ワクチンの成分の紹介:これでもワクチンは身体に有害でないのでしょうか?
• ワクチンの材料である動物細胞の培養で生じた細菌や野生のウィルス。
• 水銀は、神経毒であることが十分に立証されていますが、依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン(複数回接種タイプ)に入っています。その他のワクチンにも、微量の水銀が残留しているものがあります。
• アルミニウム。骨、骨髄、脳の変性を起こす可能性のある毒です。
• 猿、犬の腎臓、鶏、牛、人間の細胞。
• ホルムアルデヒド(防腐液)。発ガン性物質として知られています。
• ポリソルベート80。メスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮をひきおこすことがわかっています。
• 豚や牛のゼラチン。アナフィラキシー反応を起こすことがわかっています。3種混合ワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹)、水疱瘡と帯状疱疹のワクチンに大量に入っています。
• グルタミン酸ナトリウム(MSG)。吸引タイプのインフルエンザ・ワクチンに入っています。代謝異常(糖尿病)、発作、その他の神経障害をひきおこすことがわかっています。

• CDCによれば、米国の平均的な規模の小児科医院(医師10名体制)は、10万ドル相当以上のワクチンを在庫に抱え、売ろうとしています。これらの医師は外来診療、子供たちへのワクチン接種、さらにその後の反応をみる再診で儲けています。

• 報道によれば、米国の小児科医は、患者へのワクチン接種率を高く維持することでHMO(保険維持機構)から年4回ボーナスを受け取っており、接種率が下がると保険会社から叱責されるそうです。

Kazumoto Iguchi's blog より


新型インフルエンザとケムトレイルつむじ風さん


日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

justsize.jpg

●売国左翼から日本を護りましょう。このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/03/09(水) 20:41:12|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<あの手この手の詐欺師たち | ホーム | 清算=原状復帰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/375-2c480b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2011/03/12(土) 09:05:37 |