New!皇室画像掲示板

主に秋篠宮家を中心に、画像検証と保管庫。

米南部の竜巻で死者40人超、原発自動停止

米南部の竜巻で死者40人超、原発自動停止
ロイター通信 [ローリー(米ノースカロライナ州) 17日 ロイター] 

米南部のノースカロライナ州やアラバマ州などで14日から相次いで竜巻や暴風雨が発生し、17日までに少なくとも43人が死亡した。

停電のほか、建物にも大きな被害が出ている。

 ノースカロライナ州では、これまでに22人が死亡、80人以上が負傷した。少なくとも23の郡で大きな被害が報告されており、停電も広範囲で起きている。

 死者はアラバマ州とアーカンソー州でそれぞれ7人、ミシシッピ州で1人、オクラホマ州で2人となっているが、気象学者によると、今後さらに犠牲者が増えるとの見方もある。

 最初の竜巻は、14日にオクラホマ州で発生し、州南部へ進行。16日には東海岸でも発生し、これまでに240件以上が報告され、50件が竜巻と確認されている。

 また、バージニア州南東部にある原子力発電所では、竜巻の影響で電力供給が止まった16日、原子炉2基が自動停止した。補助電源が作動したため、原子炉は安定した状態にあるという。


原発作業員の幹細胞保管を、大量被ばくに備え=日本人医師団 [シカゴ 14日 ロイター] 

日本人医師らによる研究者チームが、英医学誌「ランセット」で、東日本大震災で被災した福島第1原子力発電所の作業員が、高濃度の放射線に被ばくし、幹細胞移植が必要になる事態に備え、作業員の血液を事前に採取すべきだと訴えた。

 同誌に寄稿した虎の門病院の谷口修一医師と公益財団法人がん研究会の谷本哲也医師は、「4月になっても強い余震が発生していることから、今後被ばく事故が起きる危険はまだ残っている」と指摘。

 研究者チームによると、血液をあらかじめ採取し、幹細胞を保管することで、万が一作業員が大量被ばくした際に、骨髄の損傷を修復する幹細胞移植が容易に行える

 同チームは、日本と欧州で作業員の細胞を採取・保管する体制を整えたが、原子力安全委員会が「作業員にとって肉体的にも精神的にも負担になる」として難色を示しているという。

 事前に採取しておけば、適合する提供者を探す必要や拒絶反応のリスクがある提供細胞と違い、免疫抑制剤の投与が不要で、感染リスクを軽減することが可能。ただ同チームは、大量被ばくで腸や皮膚、肺の細胞が損傷した場合は、幹細胞移植では効果がない可能性もあるとしている

 事故の収束まで長時間を要するとみられる中、研究者チームは「最も重要な任務は原発作業員の命を救い、地域社会を守ること。この対策は原子力産業を守る最善策になる。もし、死者が出るような事故が起きれば、日本の原子力産業は崩壊するだろう」とも主張している。



日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

justsize.jpg


★害国人犯罪者に気をつけましょう!★
★在日特権は暴力と脅迫と賄賂で奪い取った違法特権★
在日コリアンの来歴(強制連行の大嘘)
三国人の不法行為


●売国左翼から日本を護りましょう。このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011/04/18(月) 13:30:42|
  2. 福島原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東日本大震災・現場の声4 | ホーム | 壮大なる夫婦喧嘩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/438-18c71e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)