New!皇室画像掲示板

主に秋篠宮家を中心に、画像検証と保管庫。

ブランド種牛ができるまでの道のり 口蹄疫の黒幕登場

buta.jpg
2つの頭をもつ豚

ブランド種牛ができるまでの道のり 口蹄疫の黒幕登場 人気ブログランキングへ


>遂に、宮崎畜産業の停滞期間が、口蹄疫収束後5年間で利かなくなったな・・・。

>冗談抜きに1千億じゃ追いつかないぞ。

今居るエース5頭から、また繁殖をはじめないといかんって……

>民主党政権って、税金のムダ遣いしかできないね。


>今後、ブランド牛になりうる種牛が出現するまでに、10年以上掛かった場合は、損失負担保障で、丼勘定で4000億でも全然たりない

冷凍精子だけ残れば良い訳じゃないからね。

身篭る、雌牛にも相当の質が必要。

民主のことだから、特措法の期限が切れる2年で、畜産農家への損失補償打ち切るだろうね。


>5頭の中から、選ばれた量産用種牛が出現する可能性は、確率としては低い。

何せ、血統管理された交配をして、誕生して、育成して、育成牛として完成した上で一度食べて、吟味して初めて、成功・失敗が、判明する。

失敗した場合は、別の組み合わせで、交配させての繰り返し。

はっきり言って、低確率どころか、奇跡の確立と言っても過言じゃない。

最終的には、全国のブランド牛畜産農家からも、交配の為の種牛の支援も受けなきゃならなくなるだろうね。(牛も同種交配の繰り返しはまずいので)

気の遠くなるお話。


一度食べて、吟味して初めて、成功・失敗が、判明する。

難しさがリアルに感じられる。一度にいくつも実がなる植物なんかと違うところだね。

>一頭の仔牛が育成牛として完成するまで4~5年。

失敗したら、別血統で交配し直して、又4~5年。

牛として成功しても、再交配で、もう4~5年で、奇跡が起きても最短で8~10年。

更にその中から、ブランド種牛として成功するのは一握り。


>日本はすでに非清浄国認定されて、これまで開拓してきた輸出ルートも壊滅

この点を国会で指摘された山田は、香港とマカオみたいに買ってくれるところもあるとかふざけた答弁してやがった。

民主政権の無能さは異常。


>和牛輸出ピンチ 「国際獣疫事務局(OIE)」が口蹄疫で日本を「非清浄国」認定
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275010396/

山田が大喜びしそうだな…

現在中国で使われているワクチンは生ワクチンだよね?国際標準は不活化ワクチン

日本が清浄国であれば中国からの子牛の輸入はできないはずだけどこうなると…


>別に可及的速やかに種牛殺さなきゃいけない決まりなんて無いしな
他に処分待ちの発症済家畜もいたし 伝染リスクが3000倍の豚から処分だろうに

人気ブログランキングへ

(  `ハ´)「中国産牛肉は「神戸牛」よりおいしいアル!」 口蹄疫の黒幕登場
「中国産牛肉は”神戸牛”を遥かに超えるおいしさ」 牧畜業協会がアピール[06/09]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1276077669/

>2010年6月7日、中国で「神戸牛」のニセモノや密輸品の取り締まりが強化されたことを受け、中国牧畜業協会は

「中国産の高級牛肉は世界一と言われる神戸牛を遥かに超えるおいしさ」などとアピールした。8日付で京華時報が伝えた。

同協会は北京で、国家肉牛産業技術体系弁公室などと共同で「中国市場に『神戸牛』があるはずがない、とした。

ソース : レコードチャイナ 2010-06-09 ttp://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42801
関連スレ :
【中国】北京市、密輸神戸牛の摘発を強化[05/31]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1275321612/


>真犯人が名乗り出てきたねw

>問題は値段と安全か、あと名声を得た後堕落しないかどうか。

>陰謀をばらすの早すぎ

>中国人ってホントに平気な顔して嘘つくよね

>味がよくても、食ったら死ぬんだろ?

>人間ですら何を食ってるのか分からない国なのに牛肉なんて

>だれが重金属入りの牛肉なぞ

盗んだ精子は中国まで行っていたのか 商品化も手早くなされているね

>中国発、まるで危機感ナシ!6本足の奇形牛を高値で販売
http://japan.techinsight.jp/2008/09/yokote2008090216380.html


食肉処理しちまえば 目玉が3つだろうと頭が2個あろうと 分らんアル

薬品に漬けておけばいつまでも新鮮な色合いアル
ぼろ儲けアルねwwww


>なにこのテンプレどおりの展開?

日本畜産業壊滅の後に中韓産の牛肉の売り込みが開始されるって・・・


ちら裏の通りになってきましたwwww

>中国での牧畜は放牧だろ 放牧で霜が降るのかね?

油脂注入します

>そんなに旨いなら、高級志向の支那人富裕層がほっとくわけねーだろ。

ウソをつくな、嘘つき支那人が。

中国人ですら、公害病に苦しんでいるというのに、 中国の畜産に公害がないわけもない。

水銀、亜鉛、カドミウム、銅、次に来るのは何だ?

>つ放射能

>管理の問題だろ。日本の消費者は アメリカ流でも不満があるのに・・・。

中国の管理は・・・

これ以上、毒物送ってくるなよ

>まさかとは思うが前に見たコピペみたいに 日本で大々的にアピールしだすんじゃないだろうな・・

>「神戸牛」ってもう中国に商標とられちゃったんだっけ (ウン)


>こんな奴の肉かも知れないのに?
肉にしちゃったら元がどんなだったか絶対に判らないよね。(グロ注意)

2つの頭
2つの鼻
猿の顔をした豚
5本足の豚 
魚の骨の異常


>このところ、中国発の遺伝子異常をきたした動物の話題が続いている

一体自然界では何が起きているのであろうか。ここしばらく叫ばれてきた環境汚染問題も、“表沙汰にすると経済の発展に支障を来たす”のか、もみ消すことには圧力いっぱい、解決には力を注がない国家のようである。

6本足の奇形牛
翼のある猫
6本足の豚


>霜降り牛肉と称して

薄切りの赤身肉と、何かの脂肪をミルフィーユのように重ね合わせて圧力を掛けて一枚の肉にするんだよね


中国人も飲まないミルクの原料元を食うのですか????

>主席が宗主国様の指令通りに口蹄疫を(ry


>山中松阪市長が「自民」「みんな」に要望へ 民主議員に頼むも「幹事長室から圧力があり『動くな』と指令が出た
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275738963/

 
>【中国/偽造】 「人造牛肉」が市場に出回る [02/02]

犬や猫の肉を牛肉の味へ変える中国でバカ売れの魔法の調味料、来年日本で販売開始!!2009年[12/13]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1221494175/


>なんだ中国も絡んでたのか 韓国豚だけかと思ってた

>口蹄疫の原因究明しないと公言するミンス与党に 笑いが止まらないだろうなあ

また起きるだろうね、他の県で

>怖い話を聞いたので書き込んでおく
M党としては将来的に牛肉を中国や韓国からの輸入で賄いたいらしく今回、宮崎で発生した口蹄疫は故意に国内に持ち込まれた物で これはこれから続いていく、M党による和牛淘汰作戦の一環。
牛だけじゃなく、豚や鶏もその対象らしく
これから各種メディアを通して、中国産や韓国産牛肉のアピールが始まる。

それで一つ予言しておくが、マスコミから
「和牛は危ないが、中国や韓国にも和牛と変わらない品質の物がある」みたいな趣旨の発言が出る


宮崎で日本全国の和牛の元となる種牛のせい液盗難
   ↓
支那「支那産牛は和牛よりおいしいアル!!」

こんなにわかりやすい犯罪者の声明があっただろうか?

>天にも昇る美味さだろうな。
  
   ~昇天~


日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

●売国左翼から日本を護りましょう。このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。(トラバは承認制なので反映に若干時間がかかります。売国テロリスト・反日工作員コメントは削除して、ドメイン拒否設定します。拒否ドメインが増えていきますので、コメント拒否された方はお手数ですが、メッセージか、掲示板へコメントとして入れてくだされば、ブログコメント欄へ移動させます。)

愛国女性・花時計 美しい着物姿の日本女性たちのグループです♪ 美しい大和なでしこ集まれ。

そよ風

SNS my 日本 日本に誇りを持つ仲間たちのネットワーク

在特会(在日特権を許さない会) 特別会員も募集中!

日心会

草莽全国地方議員の会

明治19年創刊の老舗新聞社 やまと新聞 日本にも本物のジャーナリスト魂が残っていた!

中山成彬氏ブログ

メディアパトロールジャパン
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:2010参院選 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/06/14(月) 17:21:19|
  2. 山田口蹄疫(赤松口蹄疫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<言論弾圧にあった記事です | ホーム | 日本全国に真実を伝えよう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/46-a4c44ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)