New!皇室画像掲示板

主に秋篠宮家を中心に、画像検証と保管庫。

東電の賠償案は泥棒的

東電の賠償案は泥棒的

東電で倒閣 2011年05月04日河野太郎氏ブログより 
菅内閣なのか民主党政権なのかわからないが、東京電力の福島第一原発の事故の賠償案がひどすぎる。

5月3日の朝日新聞が一面トップでとりあげているが、なぜ、東京電力が起こした事故の賠償を国民が負担しなければならないのか

まず、経営陣、株主、貸し手の金融機関がそれぞれの責任を果たさなければならない。経営陣は総退陣すべきだし、株主価値を残したまま国民が負担を求められることがあってはならない。金融機関も自分達がリスクをとって貸したお金を、国民に負担をさせて回収してもよいとは思わないだろう(思うかもしれないが、それは許されない)。

事故が起きてから作った仕組みで、他の電力会社に拠出をさせれば、それぞれの電力会社のステークホールダーが、「事故の後から」負担を迫られることになり、これもおかしい。 さらに、再処理を前提とした2兆4000億円の電力会社の積立金(もとは電力料金だ!)には全く手をつけないというのも恣意的すぎる。

賠償は、1兆円ずつ4年間で4兆円としているが、果たして4年で全ての事故処理が終わっているだろうか。漁業や農業が4年間で元に戻っているだろうか。
賠償のためには東電の資産売却は避けられない。事故の被害規模を考えれば当然だ。

スッカラカンになった東電を国有化し、原発部門を切り離し、送電と発電に分割して売却しなければならないかもしれない。
東電が、逆立ちしても鼻血も出ないようになって、2兆4000億円の積立金がきちんと活用されて、それから初めて税の投入の議論を始めるべきだ

経産省と東京電力、それに電気事業連合会は、毎日、議員会館を歩いている。議員1人1人に面談して、なにやらいろいろと訴えている。「東電を分割したら電気の供給が滞ります」「東電に賠償を押しつけたら金融危機が起こります」。
議員に一方的な話だけを聞かせてはいけない。政治は正義を行う必要がある。報道されているような賠償案が本当に提案されてきたら、国民が立ち上がらなければならない。こんな政府とそれを支えている与党はつぶさなければならない。もちろん、こんな賠償案を支持しようとしている自民党の電力族も

>本当にそのとおりでございます。東電が鼻血もでなくなるまで社内努力すべきなのです
まず、積立金、その他、留保資金をすべて拠出すること。→数兆円ある。
社員用リゾートホテル等、慰安施設の売却→数千億円。
役員給与はゼロでがんばること。→今までが泥棒状態
社員は給与1/3でがんばること。世間一般並みか、それ以下にすべし。→今までがぼったくり給与

株主→利益を得てきた人たちの連帯責任

等、できることに全く手付かずでは国民の同意は得られないし、永遠の悪者ですよ。東電さん。


被災地の妊婦さんへ。東京で出産・滞在費無料の情報です! 2011/5/4(水)

被災地の妊婦さんが里帰りするような気持ちで、東京に避難して、産前産後のケアーをしてくれる「東京都助産師会」を母体としたプロジェクトです。
*対象:妊娠中から産後までの被災者のかた
*費用:産後入院1泊2千円で3食+助産師のケア付(基金充当可能)
出産費・退院後のホームステイ滞在費用無料
*主な流れ:出産→助産院にて産後入院→一般家庭でホームステイ
または行政・企業が準備する施設に入居。

~お問い合わせ先~
東京都助産師会里帰りプロジェクト
★公式HP(携帯可)  http://www.satogaeri.org/
★公式ツイッター  :@Satogaeri


日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/05/05(木) 20:41:17|
  2. 福島原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<中・韓国人の嫉妬 | ホーム | オサマとオバマ >>

コメント

そろそろ

日本人も国民(純然たる納税者)主権に目覚める時ではないだろうか。東電職員や原子力推進関係者を武力掃討するべきだと感じています。警察や自衛隊が彼等の側に立って、彼等を護るなら国民は今後一切の税金を納める事を止め、新政府を立ち上げ、現在の公務員は国土から一掃すべきです。容赦すれば生まれ変わる事は出来ない!
  1. 2011/05/09(月) 09:45:22 |
  2. URL |
  3. ロウ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/466-1d90d3c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)