New!皇室画像掲示板

主に秋篠宮家を中心に、画像検証と保管庫。

出版差し止め?「マインドコントロール2」

言論統制?出版差し止め?「マインドコントロール2」 アマゾンのみ中古あるかも 発売日: 2011/3/5  震災直前の出版です。

世に数多くのマインドコントロール本あれど、発売1~2ヶ月で売り切れ( or 出版差し止め?)はこの本だけ。

ネットですべての本屋を捜しても在庫なく、「在庫切れ」でなく、「この本は販売できません。」となっている店もあります。???
セブンネットでは、入荷お知らせ欄の、近日発売 、予約受付終了 、先取り、品切れ 、生産終了 、絶版または重版未定、廃盤または生産中止 のいずれでもなく、「対象外」と表記。出版差し止めの圧力があった?

*内容紹介
「本書は相当叩かれるでしょう。なぜなら、本当のことを書きましたから」(出版に際する著者コメント)
巷にはびこるニュースの洪水をそのまま受け止めていませんか?

子宮頸ガン予防ワクチンの異常なまでの宣伝、ホメオパシーバッシング、マスメディアで執拗に繰り返される原発繁栄論、二酸化炭素を悪者に仕立てた世界的な茶番劇、戦後から続く「自虐的」教育洗脳、日本は中華圏だと主張する赤色万歳論…
「彼ら」にとって都合の悪いことは、私たちにとっての真実です。デビュー作を遥かに凌ぐ内容で真の日本人を覚醒します!

[要旨]
日本人家畜化計画が売国奴の手で進行中。子宮頚ガン予防ワクチンの異常なまでの宣伝、ホメオパシーバッシング、執拗に繰り返される原発繁栄論、二酸化炭素を悪者に仕立てた茶番劇、戦後から続く教育洗脳、日本は中華圏だと主張する赤色万歳論…「彼ら」にとって都合の悪いことは、私たちにとっての真実である。デビュー作を遙かに凌ぐ内容で真の日本人を覚醒する。

[目次]
第1章 日本人を搾取する三つのエゴ資本主義
第2章 日常生活は情報と化学物質で汚染される
第3章 地震国家・日本に世界一の原発が存在する理由
第4章 教育洗脳と日本人劣化プロジェクト
第5章 牙を剥く赤いエゴ資本主義国家
第6章 暗躍する白いエゴ資本主義者と人類の次元進化

[出版社商品紹介]
異常なワクチン接種報道やおバカ芸能番組の氾濫は、根っこでつながっている。ヒット作『マインドコントロール』を上回る第二弾。


読者レビューより:
>第三章「地震国家・日本に世界一の原発が存在する理由」は圧巻, 2011/3/20

書店でマインドコントロール2を目にして引き付けられてしまい、「マインドコントロール」「マインドコントロール2」共に購入、読破しました。
池田氏の実体験というよりもその経験から生じた好奇心から始めた探求の集大全といった内容です。

世間の裏事情に精通してない方はテレビや大手マスコミでは触れる事のない話に驚くかもしれませんが「世の中の出来事に何か解せないな?」と疑問を持った方々には参考になる本です。

第三章「地震国家・日本に世界一の原発が存在する理由」では軍人の目で原発の恐ろしさについて記載しており、まさに福島第一原発事故直前の発行とは驚かされました。

原発の危険性、日本のテロ対策の脆弱さを指摘しており、この時期だからこそ一読の価値はあるかと思います。
もちろん氏の持論を全て鵜呑みにする必要はありません。ご自身で探求するきっかけとなり読書や探求が楽しくなるかもしれません。

>真実を見極めるための本, 2011/4/4

先日の東日本大震災など、今は地球レベルで大きな変革期であり、原発、環境問題、経済問題などの多くの「膿」が表面に出てきていると感じる。この「膿」について「テレビ・新聞等の報道機関は、しっかりと向き合っていないのではないか」と感じている方は多いと思う。

国内の報道では伝えられていないこと。そこに真実があるなら、我々一般人はどのようにして真実を知ればよいのだろう。本書は、報道によって日本人に断片的にしか与えられない情報を、一段上の目線からまとめられており、一読すれば、多岐に渡る世の中の変化に対して、有益な心構えを持つことができる。

本書のような「真実」について書かれた本が、最近多く出版されてきていると感じる。これら「真実」が国内の報道機関によって明るみに出るのはいつのことだろう。

>日本人覚醒のための書, 2011/4/14

本書はTVや新聞を通じたマスメディアによって、目を塞がれた日本国民に、真実を知らせる啓蒙の書である。いわゆる陰謀論も含めて、およそ、日本国民に関係する問題をひととおり、網羅しているのが嬉しい。

しかも非常に読みやすい、簡潔な文体であり、コンパクトにまとまった本なので、誰でも最後まで読み進められると思う。最後のほうは、スピリチュアル系の話が入ってくるので、これは好き嫌いが別れると思うが、広く、一般の人に読んでもらいたい本だ。

奇しくも福島原発事故の時期と重なってしまったが、原発の問題にも触れている。いかに、日本人が好きな、「悪いことはなかった事にしよう」という思考に弊害があるか、それに対して、常に最悪の事態を考えるという事が、いかに大切であるかが良く分かる。

日本人には、陰謀という考えは受け入れ難いのかもしれないが、民族の中には、世界中に離散しながらも、情報や教育を通じて結束し、何十世代にもわたり、長期的な目的に向けて、布石を打ってきた人種がいるのだ。その策謀は簡単には見抜けないし、普通の方法で勝てる相手でもない。

羊のように従順な一般の日本人だが、本書を読んで覚醒し、狼に食われないように自己防衛をすることを、強く勧めたい。

>「タイタニック号」沈没の真相-ロスチャイルドに招かれた金融界等の賓客たち。直前にキャンセルして乗船しなかったホストのロスチャイルド。
9・11-「70年国債問題」が発覚する満期前日。金融犯罪を捜査していた機関の本部がこのビルにあり、証拠文書もろとも抹殺・・・こわい~~!!!


著者:池田 整治 (イケダ セイジ)
元自衛隊陸将補(退官時、小平学校人事教育部長)、作家。空手道八段。1955年愛媛県愛南町生まれ。防衛大学校国際関係論卒業。全日本実業団空手道連盟理事長。90年代半ばの第一次北朝鮮危機における警察との勉強会、それに続くオウム真理教が山梨県上九一色村に作ったサティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験等から、世の中の「真実」について研究を始める。2002年には、初めて出品した「日本一の夕陽フォトコンテスト」でグランプリを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


少しだけ、立ち読みできます。

マインドコントロ-ル

マインドコントロ-ル
著者:池田整治
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

1の方はあります。


日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/05/16(月) 16:07:12|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<日本人よありがとう | ホーム | 原子力は確立された技術ではない>>

コメント

拡散

誰かテキストに起こしてネットで拡散出来ませんか?
  1. 2011/05/16(月) 22:15:14 |
  2. URL |
  3. k #pYrWfDco
  4. [ 編集 ]

第3刷、6月1日発行!既に書店にあり!!

いい本なのに中々増刷しないと思っていたら、
やっと出ました。
でも、第3刷。第2刷は何時出たの?
ネット書店でも
http://www.bk1.jp/product/03386714
なら24時間以内配送!
 5/24に東京駅の丸善3Fには6冊くらい
積んでありました。今、ネットの丸善で見ると
丸の内店は既にないみたい・・・
  1. 2011/05/27(金) 01:09:45 |
  2. URL |
  3. 佐藤亜羽 #-
  4. [ 編集 ]

よかったです~♪

情報ありがとうございます。
やっと出たんですね。でも第3版もアシが速そうですね。
  1. 2011/05/27(金) 01:35:25 |
  2. URL |
  3. ワンダーユッキー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/484-049a5a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)