New!皇室画像掲示板

主に秋篠宮家を中心に、画像検証と保管庫。

日本人よありがとう

日本人よありがとう ラジャー・ダト・ノンチック(元マレーシア上院議員)

*これは、戦後、日本人が謝罪ばかりするので、戦争中に占領統治された国々の人が日本人に向けて書いた本の序文から。戦後堕落した日本人を嘆いたアジア人の本音です。
********************************

かつて、日本人は 清らかで美しかった
かつて、日本人は 親切でこころ豊かだった 

アジアの国の誰にでも 自分のことのように
一生懸命尽くしてくれた

何千万人もの人の中には 少しは変な人もいたし
おこりんぼや わがままな人もいた 自分の考えをおしつけて
いばってばかりいる人だって いなかったわけじゃない

でも そのころの日本人は そんな少しのいやなことや
不愉快さを越えておおらかで まじめで 希望に満ちて明るかった

戦後の日本人は 自分たちのことを 悪者だと思い込まされた
学校でも ジャーナリズムも そうだとしか教えなかったから
まじめに 自分たちの父祖や先輩は 悪いことばかりした
残酷無情なひどい人たちだったと思っているようだ

だからアジアの国に行ったら ひたすらペコペコあやまってわたしたちはそんなことはいたしませんと 言えばよいと思っている
そのくせ 経済力がついてきて 技術が向上してくると
自分の国や 自分までが えらいと思うようになってきて
うわべや口先では 済まなかった 悪かったと言いながら
ひとりよがりの 自分本位の えらそうな態度をする
そんな今の日本人が 心配だ

本当にどうなっちまったんだろう
日本人は そんなはずじゃなかったのに

本当の日本人を知っている わたしたちは
今はいつも歯がゆくて 悔しい思いがする


自分のことや 自分の会社の利益ばかり 考えて
こせこせと 身勝手な行動ばかりしている ヒョロヒョロの日本人
これが 本当の日本人なのだろうか

自分たちだけで 集まっては
自分たちだけの楽しみやぜいたくに ふけりながら
自分がお世話になって住んでいる
自分の会社が いつも仕事をしている
その国と国民のことを さげすんだ眼で見たり バカにしたりする

こんな人たちと 本当に 仲よくしてゆけるのだろうか
どうして日本人は こんなになってしまったんだ



日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

  1. 2011/05/17(火) 11:57:28|
  2. 歴史の真実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<やっぱりね。思ったとおりだわ | ホーム | 出版差し止め?「マインドコントロール2」>>

コメント

No title

テレビでナショナルグラフィックの番組を見た。地蜂が獲物の芋虫に麻酔注射を
して、卵をうみつける。卵は孵化すると死んでいない獲物の芋虫を餌にして成長
する。そして最後に宿主の頭部がポロリと落ちて地蜂は成虫になる。
日本の戦後の歴史を見るようで恐ろしかった。
治安の識者によると、日本はもう終わっているという。国民が左翼に騙されて
敗戦呆けを続けている間に、敵の手先が日本の上層部を占領してしまったからだ。
菅政権がよい例だ。自民党にも敵が浸透していた。
後は日本の子供たちが食い殺されるのを待つだけの状態に見えるという。
事実、義務教育の歴史教科書は、日本人の自由と独立を妨害するもので、
世界の独立国家のものではない。日本の子供たちの奴隷化を目指して教育してい
るのだ。それを親は容認している。教員も敵の手先である。
いずれ食い殺されるのであるが。
しかし大災害が起きて、国民の麻酔が解けた。日本はとんでもない状況になって
いる。ようやく国民が気づきだしたのだ。恐ろしい寄生虫民族は、もう少しで完全
に頭を落とすことが出来たのに、舌打ちをしていることだろう。
日本民族は未曾有の危機にひんしている。大変なことになっているのだ。
これは大衆状況の議会政治で解決はできるのか。できない。もう時間が無いのだ。
http://pub.ne.jp/surugasankei/
  1. 2011/05/17(火) 17:45:24 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/485-896e5cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)