上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
雲隠れした「プルトニウムは飲んでも安心」の御用学者 


雲隠れした「プルトニウムは飲んでも安心」の大橋弘忠東大教授
福島原発事故を招く下地となった「原発安全神話」をせこせこ作ってきた張本人、一目見ただけで吐き気をもよおす忘れもしない詐欺師、大橋弘忠。非論理フラクタルしゃべり芸でさんざん稼いで隠れた先は、
「東京大学大学院工学系研究科/システム量子工学専攻」
"原子力工学の専門家" の看板を下ろし "システム"と"工学"の間に意味ありげな「量子」をねじ込んだいかにも権威を標榜する東大らしい名前のたまり場に潜り込んだというわけか。

〒113-0032 東京都文京区弥生2-11-16
東大浅野キャンパス内/工学部12号館
http://www.q.t.u-tokyo.ac.jp/lab/ohashi.html

大橋弘忠犬語録
---------------------
我々専門家の間では、水蒸気爆発なんて、そんなこと夢にも考えてないんですけどぉ プルトニウムは飲んでも安全です 地震なんか関係ない話 ●原子力発電は皆さんが考えるよりずっと安全 ●格納容器が破損するということは物理的に考えられない 格納容器が壊れるのは1億年に1回の確率だからそんな事考えなくても良い ●軽水炉でチェルノブイリのような事故はありえない ●危険と指摘する団体は資料を捏造している ●格納容器破損は1億年に一度おこるかどうかという、大隕石衝突で地球が滅亡するのとおなじ危険レベル

--------------------------
平成17年12月25日
佐賀県主催プルサーマル公開討論会
「玄海原子力発電所3号機プルサーマル計画の安全性について」
唐津ロイヤルホテル

討論風景
http://blogs.yahoo.co.jp/masonry666to/25054524.html
http://www.jca.apc.org/mihama/News/news85/news85ohashi.htm

>んー、大橋氏、酷い御用学者だな。今回の福島のプルトニウム、既にアメリカでも検出されている。

「どーして気体になるのですか」とは言葉尻を捉えた詭弁に過ぎな­いことが実証されてしまってるじゃないか!過酷事故は起こらない、プルトニウムは拡散しない、なんて、大嘘じゃないか!!残念ながら、小出先生の危惧が実現してしまった。

(もっとも大橋氏も万一事故が起きたらプルトニウムが拡散すること位、知っていたはずで、タテマエ上「絶対」事故は起きないから、嘘をいけしゃあしゃあと主張していたのではないか。本当に飛ばないと思っているようであれば、基礎的な科学的素養の欠如を示し­ているし、知っていて嘘をついていたなら倫理感の欠如を示している)(大橋氏の講演に拍手している連中も同罪だ)

大橋氏は叩かれて然るべきですが、まず、日本でも、ちゃんとストロンチウムとプルトニウムもモニタリングして貰わんと。アメリカで検出されている以上、日本でいったいどれだけのプルトニウムが散っているのか、敷地以外では未検出なのではなくて、ちゃんと計ってないだけでしょ。

>すごいなぁ。
この大橋という男は。
教科書通りの御用学者だな。
じゃあ福一原発のピットの水を飲んでもらいますか



日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

関連記事
スポンサーサイト
2011.05.28 Sat l 原発の怖さ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

中国占星術

通常、企業の運気や会社の将来鑑定する場合、その組織のトップである社長の運勢を鑑定します。
 今まで東電の社長を務めていた清水正孝さんは1944年(昭和19年)6月23日生まれ。
 その生年月日から宿命の星を調べてみますと、ビジネス的にはなかなかの人物である事がわかります。プライドやビジネスを示す星がくっきり出ており、きっとなるべくして社長になったんだろうと思います。

ただ何が問題かというと、社長になった時期です。
この方は2008年(平成20年)に社長に就任。この年は20年間の天中殺(大運天中殺)のまっただ中でした。しかも12年に2年間めぐってくる天中殺(年運天中殺)の時期に重なっています。

全文は五日市剛氏のブログで。
http://itsukaichi.jp/miniblog/
2011.05.28 Sat l FF. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/499-91e649ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。