クリスタル・ピープル。2

原発洗脳から目覚めるとき・安全神話崩壊と口止め料の消滅→事実が明らかになってゆく

原発洗脳から目覚めるとき・安全神話崩壊と口止め料の消滅→事実が明らかになってゆく 

◆原発を止めると停電、ってホント? 中部電力はたった15%

中部電力は、原発にはあまり頼っていないので、発電施設のうち原発に依存している割合は15%しかありません。
しかも、1・2号機は2006年1月に、2011年までの「運転停止」を宣言し、事実上は「休炉」しています。

これを除けば、原発依存割合はわずか12%。2005年実績で関西電力は27%、東京電力は28%を原発に依存しているので、これら他の電力会社に比べて、原発を運転停止したときの影響はとても小さいといえます。

日本全体で原発を全部止めても、その影響は微々たるものです。
たとえば、2004年の真夏に東京電力がすべての原発を停止しましたが、停電は起こりませんでした
この事実が、原発の影響力の少なさを実証しています。

◆原発は24時間動かすのが宿命

火力、水力、原子力、風力、太陽光・・・と、数ある発電方法の中で、原子力だけは自由に止めたり、動かしたりすることが危険で困難なため、大変なのです。
一度動かしたら24時間100%の出力で稼働させておかなければなりません
その結果、原子力は常時発電しているので、毎日夜になると止める他の発電よりも占有率が高くなっているだけです
現実には浜岡原発はもとより、日本中の原発をすべて止めても、他の発電方法で電力はまかなえるのです


◆原発は配管のおばけ。配管のひびは全国の原発に多発。

◆原発事故が同時複数起きれば、手の施しようがない。

電力会社が主張する安全神話には大きな落とし穴があります。原発では単一の事故や故障に対する対応しか考えていません。
また多重防護で護られていると言っていますが、その防護の方が軟弱なため、地震などでは先にダメになる可能性が高いのです。

【送料無料】放射能で首都圏消滅

【送料無料】放射能で首都圏消滅
価格:1,260円(税込、送料別)

 より


NEVADAさんより

「もう仕方ない。」不安を抱きつつ、原発に暮らしを託した「過去」の経緯に縛られている人もいる。
(大間)町内の漁師(63歳)は、『マグロが汚染されないか怖いが、俺らは海を売る判断をしたんだ。』
核施設の立地の見返りに町内の2漁協が受け取った補償金は計150億円。組合員への配分は多い人で2000万円に上ったという。「だから、もう(放射能汚染され、漁が出来なくなっても)仕方ない
実際にこの150億円や原発関連補償金・分担金は「つかみ金」のようなお金であり、受け取る以上何も言えない状況にあります。
この漁師が受け取った2000万円は「補償金」という名目でありながら、今のところ全く漁には影響はありません。
即ち、何かあったらよろしく、というお金であり、理由のない、「たかり」のお金なのです。
そしてこの「たかった」お金の出所は、自分も含めた電力使用者全員になっています。

勿論、実際に影響を受ける人にはそれなりの補償金が必要ですが、全く影響がない者にもばらまく必要がある今の日本社会は世界から見れば「異様な」社会に移り、これらはすべて社会的コストとして跳ね返り、国民が負担する形になっているのです。

自分は関係ないと思っていましても、まわりまわって負担させられていることを国民は全く知りませんが、電力会社・マスコミは今まで原発をつくるために全電力会社が支払った「補償金」総額が一体いくらになるのか明らかにして、国民の判断を仰ぐべきだと言えます。
原発が必要なら今後もこのような「補償金」を払い続けるのか、それとも今後は一切理不尽な「補償金」は払わないのか、国民的議論があってしかるべきだ言えます。
なぜなら、まわりまわって負担が国民にくるからです。

原発が安全な発電所なら「補償金」など払う必要はないわけであり、安全ではないために莫大な「つかみ金」が払われていたという「事実」を明らかにして、それで新規の原発が必要かどうか住民が判断し、国民が判断すればよいと言えます。

福島はもはや放射能汚染された「県」として広く認知されてしまいましたが、原発から90キロ離れた地点でも高濃度に汚染された淡水魚(アユ等)が見つかり、福島県のアユ漁等が禁止されましたが、今後更に汚染が拡大し、全県に広がるかも知れませんが、これが今まで受け取った数千億円の「原発マネー」と見合うかどうかは、県民が判断するべきことです。


聖書の暗号は読まれるのを待っているさんより

政権は必ず交代しますし、東京電力は賠償責任により実質的に倒産状態になってゆくでしょう。
賄賂が使えなくなると口止めが難しくなり、守ってくれる政治家もいなくなって情報が公開されることになると思います。
 ここまで進んでやっと責任の所在が明確になります。もっと安全に使えた原子炉を事故に遭わせたのは、リスクと引き替えの利益の追求しか考えなかった東電の首脳陣であることが明らかとなるでしょう。

私達はチッソという会社が起こした水俣病の問題で、既に御用学者が事実を認めず健康被害を広げてきた実例を知っています。今再び同じ過ちを起こさせられるのか、私達が問われているのです。


東日本大震災企業応援・日本伝統技術産業応援ファンド



日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/06/08(水) 22:14:51|
  2. 原発の怖さ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<日本の原発は人質 | ホーム | 放射能で○○圏消滅>>

コメント

No title

脱・原発を手放しに喜んでいられない

この世には「差別」がある。 これはどんなに綺麗事を言っても絶対に無くならない。
欧米(白人)国家は有色人種国家(アフリカ、中東、アジアなど)よりもかけ離れて優秀な人種であると今でも考えている。 それが彼らにとって基本だ。 だからここでもはっきり差別がある。 米国ではオバマ(有色人種)が大統領になれる国なのだからそんなことはない、と考えているようでは米国という国がどいう国か全く理解していないのと同じである。 勘違いしてはいけないのが、白人でも一般大衆の中には有色人種を好きな者もいるが、世界を国家単位で操り、戦争をも起こせるスーパーエリート・スーパーリッチは完全な差別主義者だろう。

そのスーパーエリートたちは今回の福島原発事故を利用して福島を世界の核廃棄物処理場にしようと決めたということであり、そのことについて米国の属国・日本の支配者=官僚機構が米国との合理点としてそれを了承しているということである。

多くの国(白人国家)が脱原発しても処理できない核廃棄物をどこに持っていくのか? 米国でさえ国民が反対して核廃棄物処理場が作れないで溜まっている。 その最終行き先は「日本」である。

http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/
  1. 2011/06/10(金) 09:40:36 |
  2. URL |
  3. k #9mQlEZ1Y
  4. [ 編集 ]

ひだりまき“ミンス政権党”を駆除せよ!!

 ひだりまきミンス“カンカラカン”政権党の本質的問題

先ず 下記 添付 URL アドレスをクリックしますと“左翼ミンス党”なる
政党が包含する 悪辣なる本質的 陰謀/問題点が 露呈されております。
その急所となる概要/文面は 下記 となります。

>基本理念と政策に賛同する18歳以上の方なら、どなたでも
なれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)
>党費は、年間6,000円です ......

 http://blog-imgs-43-origin.fc2.com/y/u/k/yukokulog/touin_supporter.jpg

そもそも 上記“左翼ミンス党”なるものの政策に“違法献金もどき”の政策
即ち 換言しますと“左翼ミンス党”が 若し 最悪ケ―スとして政権獲得の後に
国家の最高権力者=内閣総理大臣が 日本国民 ならぬ 外国人 特に反日外国人
に依り 選出される可能性 無きにしも非ずであるが

一年以上 前の 衆議院総選挙に於いて 日本国民/有権者は 日本国の将来に
亘るで在ろう国家像をも 捻じ曲げる仕儀に至る事を 果たして認識
していたので在ろうか?

多分 大多数の日本国民/有権者は“左翼ミンス党”が 密かに内包する悪辣なる
前記の陰謀/問題点に 些かの疑問をも抱かず 例の 今や 悪名高き
国民総“買収もどき”の“ばらまき4K”政策に“目潰し”を食らいつつ
“左翼ミンス党”の得意技である“ごまかし/たぶらかし”戦術に
ものの見事に まんまと“してやられた”こと自明である。

所で ひだりまき“カンカラカン”なるもの そもそも 去る3月に
在日パチンコ屋よりの違法献金が露呈し 命脈を断たれる寸前の断末魔の
状況に至っていた筈であるが ......

“反日”を社是とする 所謂“ひだりまきマスゴミ”新聞/TV 等々は
只管“だんまり”を 決め込んでいるが ......

震災なる事象の到来に依り 悪運 強く 未だに 総理大臣と云う名の椅子に
“しがみ付き”醜悪 かつ“ぶざま”極まる醜態を 何ら恥じ入ること無く
継続中であるが

罹る事象は そもそも ひだりまき“カンカラカン”のみが所有する“特性/習性”
でも在るが 更に 付言しますと“カンカラカン”が所有する“辞書”には
“羞恥心/プライド”なる高邁/高尚なる 言葉は 存在する筈が無く
内閣総理大臣=国家最高責任者としての“責任感”は皆無であり かつ 卑劣にも
己が 当然 背負うべき責務は 全て 他人に押し付け 恬として恥じること
無しの輩である。

そもそも ひだりまき“カンカラカン”なるものは 一国の総理大臣の器(うつわ)
で無きこと自明であり 所詮 単なる一介の“市民運動家”なる レベル にて
留まることが 限界である。

此処で 敢えて 直言させて下さい。

現 時点での ひだりまきミンス“カンカラカン”政権党に依る 醜悪極まる
“茶番劇”を招来せしめた 本質的 原因の一端は 過日の衆議院総選挙に
於いて 少なくとも ひだりまきミンス“カンカラカン”政権党に一票を投じた
日本国民/有権者に在り と云える次第である。
  1. 2011/06/11(土) 17:21:19 |
  2. URL |
  3. BLACK HOLE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/510-6a6ca118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)