クリスタル・ピープル。2

プーチン氏ピアノソロと歌を披露

プーチン氏ピアノソロと歌を披露 

プーチン氏は、日本にとっては脅威ですが、民族主義者で愛国者。自国を売国するような事はやらない。
菅さんもその点だけは是非見習って欲しいです。
プーチンさんのピアノは?だけど、歌と絵はうまいです。


Singing PM: 'Fats' Putin over the top of 'Blueberry Hill' with piano solo http://youtu.be/IV4IjHz2yIo
プーチン首相、グランドピアノで懐メロ披露
【2010年12月12日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)首相は10日夜、サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)で開催されたチャリティーコンサートで、ピアノの腕を披露した。

 ロシア政府のウェブサイトによると、コンサートには、女優のシャロン・ストーン(Sharon Stone)やモニカ・ベルッチ(Monica Bellucci)、俳優のミッキー・ローク(Mickey Rourke)などそうそうたるメンバーが出席。プーチン首相のテーブルには、イタリア人女優のオルネラ・ムーティ(Ornella Muti)が座った。
 司会者が首相に1曲弾かないかと声をかけたところ、プーチン首相は「大多数の人と同じくわたしは歌も踊りもうまくはないが好きだ」と述べ、舞台上のグランドピアノの前に腰掛けた。
 プーチン首相が弾いたのは、ソ連時代の懐メロ「どこから祖国は始まるか」。7月に、米国でロシアの諜報員として暗躍していたとしてロシアに引き渡されたスパイたちと共に歌った曲だ。

■英語の歌も熱唱
 さらに、首相はマイクの前に立って、ジャズバンドの伴奏でルイ・アームストロング(Louis Armstrong)の「ブルーベリー・ヒル(Blueberry Hill)」をたどたどしい英語で熱唱。観客は立ち上がって聴き入った。
 
そしてフィナーレでは、ロシアのバンドとプーチン首相、そして観客らがひとつになって大熱唱する様子がテレビで放映された。コンサートが終わり、時計の針が12時を回った後にもパーティーは終わらず、ゲストらは貸し切りでロシア美術館を訪れた。
 プーチン首相はたびたび有名人と交流することで知られており、最近では「世界トラ・サミット(International Tiger Conservation Forum)」に出席した米俳優レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)と会談した。ディカプリオはその際、自分がロシア人のハーフであると語っていた。(c)AFP

怖いプーチンのイメージを和らげる作戦でしょうけど、本当に地球上から争いや侵略がなくなるといいですね♪



プーチン首相の意外な一面〜津軽弁ニュース2009〜 http://youtu.be/1C0euxPChq0
日本語で解説しているのですが、最初外国語かと思ったwww。



日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/07/12(火) 22:20:42|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まだ続いてるよ中国援助 | ホーム | 93歳女性、お墓に避難します。南相馬>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/520-b496cee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)