クリスタル・ピープル。2

法務省(入国管理)業務にも外国人採用

法務省(入国管理)業務にも外国人採用

完全失業者が300万人以上の日本

危険な外国人を入国させないための入国管理業務に外国人採用可能な法律

「いい外国人を入れよう」と。いい外国人ってどこでわかるの?



金子吉晴 法務省業務に外国人採用 http://youtu.be/GgKzJZwYWrw


サントリーが日本海を東海と表記
通用すればそれを通そうとしたんだネェ。クレームついたからひっこめた。不買運動企業入りケッテイ!!!



拉致花嫁(=8,000人)は50歳の寿命だ!



日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/08/20(土) 17:30:26|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<チェルノブイリ原発事故死者は100万人だった | ホーム | 外国人留学生予算325億円。日本人学生留学推進予算25億円>>

コメント

No title

【試し腹】

朝鮮半島で行われていたもので、父親が結婚前の自分の娘に対し、妊娠の可・否を調べる為に性行為をする事を云う。大韓帝国の時代まであった風習だが、日韓併合後に直ちに禁止にされた。
「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では、道具(女)が不良品(不妊症等)であってはならない。

故に、『これこの通り、妊娠できる体でございます』ということを証明するために、「種男」という男に娘を犯させ、妊娠した状態で輿入れさせる。
これを「試し腹」と言います。
産まれてくる子供は、当然夫の血を引いていないため、妻と同じ奴隷的な身分しかなく、結婚はおろか大人になるまで成長する者も稀だったと言われています。
自分の娘を血縁の近い男(兄や叔父)に妊娠させて、妊娠できる女と証明させて嫁がせる儒教思想が暴走した習慣だそうです。
日帝が禁止した朝鮮時代の風習だそうです。

wikipedia 削除済み
  1. 2011/08/21(日) 10:10:27 |
  2. URL |
  3. 99 #AnISQdYw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/529-e8916cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)