クリスタル・ピープル。2

国会改正法の正体

6177.jpg
恥を知らぬ女。こんな恥知らずは日本女性ではないと思える。まだら化粧顔のシャチホ子氏。 写真は真実ゆうこさんとこからげっと。

国会改正法の正体 

民主党がヘッドスライディング騒ぎを引き起こした理由を考えてみよう

一党独裁が可能になる「国会改正法」を周知させずにこっそり通すため。今回の騒ぎのあった委員会で強行採決してるよ。

国会改正法.jpg

憲法判断を与党がすることになる。→ 一党独裁。
つまり与党が通したい法案は原則違憲にならない


内閣法制局長官は法案の 「違憲」「合憲」 を、官僚は法案の 「利点」「欠陥」 を、
それぞれ 「時の政権与党に左右されない第三者の立場で」 判断・指摘できる存在

小沢が国会でこの人々を排除する理由は明白で、
法案が違憲と言われても「合憲」と言い張り、日本人差別な代物だろうと「適当に濁して」
「ありとあらゆる売国法案を」数の暴力で押し通せるようにするため

この法案には、あの 公明・共産ですら反対 している。

例えば、外国人参政権について
●before
与党「外国人に参政権を与える法案を提出します

野党「これ憲法に違反していない? 憲法解釈の専門家
連れてきて」

内閣法制局長官「最高裁での判決は、参政権を国民(日本国籍者)以外に与えるのは違憲であると判断されています

●after
与党「外国人に参政権を与える法案を提出します」

野党「これ憲法に違反していない? 憲法解釈の専門家連れてきて」

菅「合憲だよ合憲」「合憲ですね、最高裁(の傍論)でも認められています」 枝野「ゴウケンデス」

専門家である官僚答弁が禁止
されることで ありとあらゆる物事に対して

専門家である官僚の解釈」が失われ、「素人に毛の生えた閣僚の解釈」が国政を左右することになります

強行採決.jpg

民主党の数の暴力による強行採決が相次いでいます。

認知度が低く、反対の声が上がらない、危険な法案に充分警戒してください。

政治ブログの中には「強行採決なんて大げさだ、騒ぐほどのものではない」と、このような発言が散見されますが、子ども手当ての時みたいに認識が甘いと、

反対の声を上げる時間もなく、事の重大さに気づいた時には、法案が通っていたということになりかねません。

周知活動は気を緩めずにお願いします。

■あまりにも酷い改正をすれば違憲立法審査にかけられる。

■ポストを増やすと、次官や政務官は民間人でもいいので、このようなポストをアメとしてマスコミや、労働組合関係者を懐柔することができる。

■官僚の答弁を禁止するということは、民主党のフィルターがかかった情報しか国会で話し合われない
可能性がある。

行政の中立性が担保できない危険性。

■学識経験者や利害関係者の選定基準がないことが問題


政府の判断で選べるので問題。これらの者の意見がいかにも国民の意見とされ国会運営される可能性もある。

行政の中立性が担保されてる官僚の行動を制限し、自分達が官僚の代わりであるかのような行動をする可能性がある。

ドイツのナチスが行った全権委任法に似たようなものになる可能性がある。

■民主党がやりたいことを邪魔されるので、内閣法制局長官に憲法的な意見を言われたくないという思惑がある。

国民主権なので、国民が声を上げなければならない


■一番問題なのは、国会議事録に内閣法制局長官などの中立的な者の意見が載らなくなる。

そうなると、国の最高機関がが中立的じゃなくなる、つまり国全体がおかしくなるということを意味することを認識しなければならない。

■民主党議員や他の与党議員も、自分達のポストが増えるので反対しにくい。

●5月14日 ついに衆議院に提出されてしまいました。

憲法無視して数の暴力で立法できる超悪法!!

これが通った後には大量の悪法が待ち構えています

絶対に阻止しなければなりません。

日本解体法案通し放題! 民主主義完全崩壊! 日本乗っ取り完了!

やりたい放題! 三権分立消滅! 日本終了!  

小沢(自称人民解放軍野戦司令官)の独裁を確立させる恐ろしい法案
です。

これは中国への全権委任法だと言っても過言ではありません。

未だに認知度の低い超悪法の存在を今すぐ国会議員に伝えて下さい。

反対の声が少なすぎると本当に殺られます。

国会法改正案の正体 

民主党が国会法を改悪して内国法制局長や政府参考人などの官僚を国会から排除し、政治主導を確立させて憲法解釈権を持ったら

重国籍・外国人住民基本法・人権侵害救済法案・外国人参政権・夫婦別姓・児童ポルノ法改正案など(その他大量の闇法案)がこんな感じで制定されます。

人権侵害救済法案の審議委員は、独裁政権国家の外国人ら6名といわれています。

そうなれば、我々日本人は、もうこのようなブログさえ書くことが難しくなります


ブログがだめになったら、もう情報は2chしかありません。

>今2chで行うべき事,そしてこれから行おうとされている事は,

正しい情報を,マスゴミより早く,正確に拡散する事で,マスゴミの信頼性に対する,一般人の疑義を喚起すること.

今,日本で,世界で,起こっている事を正確に知ろうと思ったら,TVや新聞 ではなく,ネットが良い」という事を知らしめる事

これによって,多くのスポンサーがついているTVや新聞から,人々の関心が離れる事で,広告媒体としての存在意義を失わせる事.

 広告代理店の収益モデルを崩壊させること

 それにより,特亜の情報工作を無意味にしてしまう事が挙げられると思います.

 有名なTVや新聞より,名も無き人々が集めた動画や画像が有効だと知れたら?

 有名な評論家も買収されており
,名も無き識者の意見の方が信頼できる事が知られ始めたら.

 TVや新聞はその存在意義を問われる事になるでしょう.

 口蹄疫や政党に対する報道がその証明になることでしょう.


●「民主党の沖縄ビジョン」

沖縄の朝鮮総連にターゲットにされているといった集団ストーカー被害者
が「加瀬英明」の談話室に投稿されています。

平和な島 沖縄でも 保守的な考えを持つ善良な人たちが 集団ストーカーや電磁波被害を受けて...
続きはこちら⇒ http://www.nicovideo.jp/watch/1273976771?nicorepomail



三宅やくざ.jpg 超スロー再生動画

民主党は”当たり屋議員”を使う→まさにヤクザの因縁手口

>お見事。昔だったらバレる事はなかったのでしょう。

>「民主党は三宅氏を転倒させたとされる自民党議員をテレビ映像などで特定、懲罰動議の提出を検討する」と報じられていますが、これはちょっと無理筋なのです。だって三宅議員が倒れている場所は委員長席の前ですから、委員会室のど真ん中。

ここは傍聴者の入るべき場所ではありません。

そうすると逆に問題になるのは、本来は委員でもなく審議権も持たないはずの三宅雪子氏が、田中委員長が「質疑打ち切り・採決強行」という暴挙に出たとたん、

抗議のために委員長席に殺到する自民党議員よりも前にいたのはどういうわけか…ということです。

「つきとばした」(と言われている)自民党議員を問題にすれば、いやおうなく、なぜ内閣委員でもないものが、突き飛ばされるような場所にいたのかが問題にされることになるでしょう。

三宅議員もしくは民主党は、なぜ内閣委員でもない議員がそこにいたのかの、説明をすべきだと思います。

また、転倒に関しては三宅議員自身が、「自分で転んだ」といっていると

衆議院議員 馳浩のはせ日記 平成22年5月13日(木曜日)
http://www.incl.ne.jp/hase/schedule/s100513.html


日本を心から愛する人だけ、このブログを応援クリックしてください♪ 反日テロリストは日本には不要!
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

●このブログはコピペ・拡散推奨・リンクフリーです

愛国女性つどい・花時計

SNS my 日本 日本に誇りを持つ仲間たちのネットワーク

草莽全国地方議員の会

在特会(在日特権を許さない会)

まずは国民一人一人の意識改革、周知行動から。
チラシ集積サイト:http://chirasihokanko.makibisi.net/

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:民主独裁政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/06/17(木) 22:20:57|
  2. 売国テロリスト政権の民主党
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緊急拡散・三権分立崩壊・国会改正法 | ホーム | 英霊が護ってきた日本を今度は我々が護る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/66-aa683a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)