クリスタル・ピープル。2

祝日法の改正案は中国の祝日に・日本の産業ネットワークを破壊する法案

カレンダー
国土交通省の観光庁が出しているページ 赤字はすべて中国の祭日 祭日=観光しか頭にないらしい・・・

清明節(中国の祖先の墓参り) 端午節

祝日法の改正案は中国の祝日に・・日本の産業ネットワークを破壊する法案

休暇分散化法案の正体 祝日法改正案の危険性

観光振興を名目に、「祝日法」の改正を提言している民主党。しかしこれは、日本の歴史を無視した上で「地域主権」と「道州制」を組み合わせた「日本解体法案」なのである

休暇分散化に隠された国体破壊
拡散《休暇分散化に隠された国体破壊!:商社重役秘書・旅子と総合家電メーカーOL・未知子の会話》

旅子「未知子、連休分散するっていうのどう思う?」

未知子「秘書の給料ピンハネしてた社民党の女性議員が言っていたヤツね!」

旅子「そうそう辻元清なんとか言う人でしょ」

未知子「うちはダメよ。全国から部品を調達しているじゃない。地域を5ブロックに休日を分けられたら、その都度生産ラインが止まることになると思うよ。うちだけじゃなく、製造業がマヒしてしまうって営業部長が呆れてたわよ。」

旅子「そうだよね。実家に聞いたら、なにアホなこと言い始めたのかって怒っていたわよ。」

未知子「旅子の家、京都の老舗旅館だったよね。旅館やサービス業にはプラスとか宣伝していたじゃない!」

旅子「分散化って5月と10月に全国5ブロックを一週間ずつずらして休みにするって言うのでしょ。
京都はね、5月10月はただでさえ修学旅行で忙しいのよね。葵祭りとか時代祭りとかたくさん祭りがあるし。お母さんがね、民主党はよけいなことせんでええっていってた。祝日はただの休みと違うってね。」

未知子「たしかに。憲法記念日や昭和の日・緑の日とかは全国で式典とかしてるもんね!」

旅子「そうよ。祝日は家族旅行するだけとしか考えない馬鹿のアイデアみたいよ!祝日をお金としか考えられない人って日本人じゃないよね。」

未知子「私もそう思う。うちの会社って転勤が多いし。社内恋愛してるのけっこう多いのよ。全国で連休バラバラになったら、遠距離恋愛もしづらくなるし。なかなか都合よく有休とれないしね!」

旅子「経済波及効果がどうのとか言っていたけど、それを言うなら経済の成長戦略を示せって、うちの専務が言ってたわ。給料とボーナスが増えれば、黙っていても有休とって旅行するしね。」

未知子「そうね。トヨタがアメリカに叩かれても無策だしね。原子力発電の技術は日本が世界一なのに何もしないし。うちの原子力技術は必ず必要なのに、韓国の下請けにされそうなのよ。みんなカンカンよ。これって政府がだらしないからなのよ。営業部長なんか、早く民主党潰れてくれないと会社も日本も終わってしまうって怒っていたわ。最近、ニュースを見ると腹立つよね。脱税首相に、コンクリートから、小沢さんでしょ。顔が出てくると気分悪くなるのよ。」

旅子「うちの専務が、連休分散化は、国家国民の一体感を破壊して、ただお金だけを目的にした、だらしのない民族に貶めるのが目的で、地域の伝統・文化を考慮しない唯物論に基づいた社会主義思想が背景にあるんだって説明してくれたのよ。このとんでもない法案は、国家秩序の解体の先駆けになるとも言っていたけど怖いよね。」

未知子「う~ん、難しいけどなんとなく判るよ。最近、思うんだけど民主党ってなにかさ、日本人を馬鹿した法案ばかりコソコソ通そうとしていない?外国人に選挙権をあげるとか、夫婦を別姓にして、戸籍も廃止しようとしているでしょ。地域主権って地方をバラバラにする狙いがあるしね。民主党の政治家は怪しいよね。みんな日本人じゃなかったりして!」

旅子「うちのお祖母ちゃんがうまいこと言っていたわ。そのうち日本人の顔は、みなのっぺりになって、どこの誰だかわからなくなり、伝統も文化も消えて外国民族にコントロールされた操り人形の国になってしまうって、悲しそうに言っていたのよ。」

未知子「その顔って、あの品のないピンはね女って感じ!!」
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/5795355d2f06e8fd39318808f06d1364

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

祝日法の改正案は中国の祝日に合わせてある祝日法の改正案の件ですが、そこには「10月の大型連休」という意味不明のキーワードが出てきていました。9月なら昨年はシルバーウィークなるものがありましたが、10月は体育の日ぐらいしかないわけで、大型連休など存在しないはずです。そこで少し調査してみました。

観光庁のサイトにあった休暇分散化ワーキングチームのページを見ると、
【資料3】星野委員提出資料というのがありました。そこにはなぜか国慶節(中華人民共和国の建国記念日)が出てきます。中国人観光客の誘致というだけなら(それにも反対ではありますが)まだ理解できますが、それがなぜ我が国の国民の祝日と関係があるのか、まったくの謎です。

そもそも、このワーキングチームの座長が社民党の辻元清美議員だということからして、非常に胡散臭さを感じずにはいられません。何やら嫌な予感がします。
http://www.mlit.go.jp/kankocho/iinkai/suishinhonbu/pdf/kyuka_wt_01_06.pdf

さらにとんでもない裏がある
現在、売国民主党が掲げている『国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律案』は、ネットやテレビでどんな法案なのか知ってると思いますが、その裏にはとんでもない思惑があるようです。
とんでもない裏」とは、民主党が中国の建国記念日「国慶節」を日本でも祝おうとしてる事

これは一体どういう事なのか!?観光庁のサイトにある休暇分散化ワーキングチームを開き、【資料3】星野委員提出資料というPDFファイルを開くと・・・最後のページにこんな事が記されています。
これを見ると・・・たしかに中国の祝日である旧正月や清明、国慶節などが明記されていますね。「中国からの旅行者のための配慮」とも言えますが、日本全体がそれに影響される必要はありませんよね。これは「中国の祝日を日本でも祝う」と言って良いでしょう。

でもなんでそこまでして?言う必要は無いですね・・・

 たちあがれ日本

■稲田朋美議員 選挙区民からの要請書は無視できない
自民党の稲田議員(弁護士)によると議員というのは自分の選挙区の有権者からの要望というものは非常に重要で無視できない天の声だそうです 

是非こちらのサイトで自分の選挙区の議員を参考にして
http://senkyomae.com/

結果として全議員に渡るよう要望書(FAXもしくは手紙)をだしてください 基本的に賛成でも反対でも自選挙区には出してください
(※出来るだけ目立つ郵送方法 大きな封筒や目立つ色の封筒を使うと効果大です 後地元の消印が印刷される郵便はとても有効です)

要望書には必ず同選挙区の有権者であることを必ず記載してください
※比例選出議員には反対しないなら比例で投票しないと記述してください
※期間をおいて複数枚送信してください

この方法はかなりのゴリゴリ推進派議員にも効果があります
是非夫婦別姓や人権擁護法案などの他の売国法案にもご活用ください

※住所氏名年齢は匿名「奈良県奈良市 主婦 53歳」までで結構です

要請書は水間氏のサイトでダウンロードできます
改編して使用してください
http://mizumajyoukou.jp/?Download

■自見大臣と国民新党全員に法案の存在を知らせてください
この法案の存在を知らせて法案の阻止と議員間での周知をお願いしてください 
※FAXでお願いします
http://mizumajyoukou.jp/?News%2F2009-11-12

日本を心から愛する人は、このブログを応援クリックしてください♪
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ  人気ブログランキングへ

●売国左翼から日本を護りましょう。このブログはコピペ/拡散推奨・リンクフリーです。

愛国女性・花時計 美しい着物姿の日本女性たちのグループです♪ 美しい大和なでしこ集まれ。
SNS my 日本 日本に誇りを持つ仲間たちのネットワーク
在特会(在日特権を許さない会) 特別会員も募集中!
日心会
草莽全国地方議員の会
明治19年創刊の老舗新聞社 やまと新聞 日本にも本物のジャーナリスト魂が残っていた!
中山成彬氏ブログ
メディアパトロールジャパン
チャンネル桜
日護会
日本会議
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/06/23(水) 11:30:28|
  2. 売国テロリスト政権の民主党
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<パリが中国人に乗っ取られたようだという | ホーム | 民主に協力しなければ、予算つけない実態!>>

コメント

No title

おじゃまします。
私はこの法案ははじめて聞いたとき、本当に気持ち悪いと思いました。
その後に中国の祝日のこと知りました。
皆さん何とも思わないんでしょうかね。
まったく不思議でしょうがありません。

えー別に休みがかわってちょっと面倒になるだけでしょ?何がいかんの?なのかしら。。。になってしまうのかな。
日本人ってどうしちゃったのかしら。。。
  1. 2010/06/26(土) 07:43:16 |
  2. URL |
  3. ルナ☆ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wondery.blog134.fc2.com/tb.php/78-6d2c3780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)